FC2ブログ

あの日の残像

  • 2008/04/11(金) 10:35:49

20080411103549

20080411103548


いつの間にか 胸に溜った澱が現われてくる
顔の表情に ふとした仕草に滲み出てくる

華やかなのに
何故か暗い影を宿したあなたの横顔

胸を張って遠く遥かな先を見詰めて
明日への希望を語りたいのに
何故か萎れたようにうなだれて 俯いてしまう

かつて 燃えていた『あの日』に
晴れやかな微笑みを浮かべていた頬は
内側から染み出てくる心の影に
いつしか覆われて くすんでいく

若さだけで走って
走り抜けてきたあなたが居た
そして私が居た
数え切れない沢山の仲間が居た

溌剌として精気と熱情に溢れ
華やかだったあの日だったからこそ

陰翳に暗く沈み込むように
彩られた今のあなたの表情は
哀しくて 切なくて 真底寂しく見えてしまう

もう そんな想いに囚われないで
自分を解き放ってみよう

その暗い陰翳を宿すのは 何もかもを
胸の内に抱え込んでしまうから
だから 心を開いて胸を開いて
素の自分をさらけ出した時

再び華やかになった
満面に笑みを湛えたあなたが
そこにすっくと立っているだろう

あの日の残像なんかじゃない
燃える『今日のあなた』がそこに居る

鮮やかな濃緑の葉の中に
陽春の燃える季節の大気の中に
思い切り自分を解き放ってみよう


『燃えていた日の残像』復刻加筆改稿

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する