回想は明日への道標

  • 2017/07/07(金) 08:12:41

20070710081241


過ぎ去ってみれば 人生はほんの束の間の出来事
一夜の夢のごとき 儚くあっけない『小さな小さな絵巻物』

何て時の流れは速いのだろう 目まぐるしく過ぎて行き
あっという間に今日の事も 遠い過去の事に押しやっていく

だからこそ
時には 過ぎた日々をしみじみ回想したらいい

生きた証し 思い惑い悩み 感じた
心を動かした全ての人生の証しが
心の印画紙に写っている 印されている


回想すれば数限りなく 想い出の場面が甦ってくる
とめどなくバラバラに 過ぎた場面が浮かんでくる

ナマの人生ドラマは 脈絡もなく時間軸もなく
何の整合性もないけれどそれは自分を知る手掛かり
本当の自分を見つける手立て

「悔いを残さずに生きて行こう」

そう思いながら 此処まで来たのだけれど
回想すれば何もかもがチグハグな自分史の連続
悔いる事の連続 明暗悲喜交交のとりとめのない自分史・・・

それが人生というものか・・・

でも 悔いる事 省みて悔いる事があるからこそ
明日へのテーマが見えてくる

「少しはきのうと違う時空を創ろう」と
そんな新たな自分創りの模索のために・・・

過去の追想は 明日への 未来への 大きなヒントになる
心の座標軸を正す事の 一番の手掛かりなのだから・・・

ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986 f.design-kohsh108@ezweb.ne.jp

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する