FC2ブログ
2020 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 05
占いの落とし穴
- 2019/12/13(Fri) -
20070122095409


『占い相談は真剣勝負』

クライアントと対座して思う事


問われて占断する際に、事の吉凶成敗もさる事ながら、その質問の必然性や整合性が問題となる。もっと平たく言えば、問う側の姿勢、真剣さが重要になってくる。

ただ何となく聞いてみた、などという場合には、占者も又何となく答えてしまうものである。ふと思いついた事柄に対しては、問い掛けの内容が重要なテーマとは思えずに安易に即答してしまう訳である。
しかしこの安易さが意外な落とし穴になる事がある。占断結果というのは、事の大小を問わず、その人生にリンクしており暗示的効果で現象を操る事があるからである。

真剣に問われる時には事象を分析したり推理しながら、占者も見落とし、読み落としが無いように細心の注意を払うものであり誠心誠意答えるのである。

実は本当は切羽詰まった情況であったり、当人の願いが真剣で切実なものであるのに、ふと思いついた事のように軽い聞き方をしてしまうのである。
「これはまぁ駄目でしょう、叶いませんね」と返した場面で、愕然としたり落胆して大きな溜息を吐く人が多いのが現実である。
恥ずかしいと思ったり、この願いが不遜と考えたりして、遠回しに『試しに聞いてみようか』といった態度で、人生の未来ビジョンが安易な決着の付けられ方をしてしまうのである。
心に宿った願望が根こそぎスポイルされる場面となってしまう事もあるのである。

その意味で、聞く側も重要事項については成否吉凶もさる事ながら、駄目とか難しいという結果の場合には、『どういう情況で何が問題となるのか、その時どう対応するべきなのか?』までを差し戻して問う姿勢が欲しいものである。
そのやり取り、対話の中から秘策が見つかったり、或いは別の展望が導かれてくる事があるからである。

駄目なら駄目ようを確かめる。さらに、駄目にしない対応策まで問う執拗さが必要なのである。

占い師が何もかも解っている筈もない。事の成り行きの予言がズバリ当たる確証もないのだから。
占断結果をそのまま受け取って行動選択するなら、ただの操り人形でしかない。自分の人生を他者に預ける愚行を演じる事になるのである。

いつの世も『占い』は人の心象に入り込み、その人生を操るものである。

自分の心の中に明日の全てがあり、その心は実は脆いものであり、無作為に生きていると、知らない内に他者の心理的介入を呼び、好きなように操られていく事を知るべきである。
まさに運命相談の現場は究極の心理誘導の情況となるのである。

『意向を定める』事が大事なのは、他者の意見に振り回されないためであり、確固たる自分を創るためである。

質問の連続や問い返しを嫌う占術家が多いのも現実である。問い返されると占いの結果の整合性が怪しくなったり崩れてしまう未熟者も数多く紛れ込んでいるからである。かなり怪しくなってきて、もうこれ以上聞かれたくない場面で「あんた、そんな考えじゃ地獄に落ちるよ!」などと威嚇行動に出る術家もいるらしいので恐ろしい話である。そんな場面では「こっちから願い下げだ!」と毅然たる気持ちになって欲しいものである。

運命、そして人生。まずは自分ありきである。占い師と対座する時には、是非真剣勝負をして頂きたいと思うものです。


ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************

スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<寒さに負けず | メイン | 失って解ること>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kohsyu.blog17.fc2.com/tb.php/416-300a285a
| メイン |