共鳴・共振
2017/07/10(Mon)
20061113101344


太く細く 低く高く 奏でる鈴の音

心の奥底に 魂の記憶があって

振る鈴の音同志が共に響き合い 互いの胸に谺(こだま)する

遠いあの日の空気と光に包まれて和やかで まどろむように

優しい音色で共振する 心が触れ合い 魂が共鳴する


幾百幾千の転生 微かに記憶のヒダが揺れ

輪廻の音が荘厳に響き渉る

そんな邂逅の場面が 知らない内に起きているのに・・・


心を閉ざし 想念に蓋をした人達は何も気付かず

交わす思いも言葉もないままに 哀しい擦れ違いを繰り返していく

心を開き 想念の蓋を外してみれば 心象の世界に 大きなうねりが来る

存在の意味 人生の深い真実に触れる事が

果てしなく連綿と続くカルマの道程が見えてくるだろう


そんな思いに駆られる 鈴達の風情

たとえ それがイリュージョンであったとしても

次元層の境界を超えて 思念を巡らすのは

自分の心を見詰める 新たな視座となる

ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<消せない記憶 | メイン | 回想は明日への道標>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://kohsyu.blog17.fc2.com/tb.php/355-ccf82f40


| メイン |