fc2ブログ
鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
■■■朽ちる愛
2006/11/07 Tue未分類
20061107103126


薄紅色から真紅へと 勢いを増していた炎が

底に澱を溜めて 暗く色変わりしてしまったのは

愛し過ぎたせいなのか 求め過ぎたせいなのか?

それとも 溢れる期待に我を忘れたせいなのか?

胸が締め付けられ 苦しくなったのは

自分の思い通りにならなかったから・・・

あの人の気持ちが 解らなくなったから・・・

もがきながら 虚空に手を伸ばすように

囚われの独り相撲を取っていると

愛は 与えるものではなく

ひたすらもぎ取るものになっていた

何も気付かずに いつしか自己愛の罠にかかり

澱みへと落ちていく その刹那に垣間見た

深紅の薔薇の花びらが

はらはらと 散りゆく様を見た

追い求めるばかりでしかなかった

勝手な自己愛なのに 真の愛と錯覚した時から

苦悩が始まり いつ果てるともない

惑いの迷宮を彷徨うことになった

朽ちる思い はらはらと散る愛の残滓に

燃え尽きた筈の 熱情を 忘れる事が出来ずに

落ちた薔薇の花びらに残る

深紅の色に 哀しく心を寄せる

落ちても紅い その色に 心を寄せる

その色褪せる様を見詰めて

悔恨の涙を流す人は 明日の自分を創る

真に愛する自分を創る

だが打ちひしがれて寂寥の大河に押し流される人は

不毛の愛の残滓を闇雲に漁るのみ・・・



スポンサーサイト



トラックバック(0)+ +コメント(0)
愛の名残り ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ 墓参り

管理者にだけ表示を許可する
HOME
プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
四季の花時計
旬の花時計
Live Clock
今のレインボーブリッジ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク