FC2ブログ
信頼と絆
2018/11/14(Wed)
20091021124227


離れていても 遠くにいても

心の奥で通じ合うためには

互いの信頼が不可欠になる

いくら言葉で 優しく甘く語りかけ

話し合い 一時和み 打ち解け合っても

何かのきっかけで そんなものは弾け散ってしまう

吹き上がる突風に飛ばされてしまう


互いに深い信頼の絆さえあれば

何が起こっても どんなに外圧がかかっても

揺らぎはしない 壊れはしない

信頼出来る領域まで 互いの理解を深める

たとえそれぞれの個性が違っても

認め合い 気持ちを分かち合える間柄になることが不可欠


そうした関係性を作れない人たちの

哀しい行き違いを 悲しい傷つけ合いを

聞かされ見せられ続けています

いつまでも何処までも 愛しているのは自分自身なら

次々に相手を代えなくては成り立たなくなる

そして相手を代えたとしても

同じ展開で波乱を繰り返すことになります

そんな不毛な恋人達 或いは夫婦達が沢山います

少し考えてみて下さい


ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<愛すること 愛されること… | メイン | 時空の闇と光>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
  
トラックバックURL
→http://kohsyu.blog17.fc2.com/tb.php/1267-b73b8217


| メイン |