FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2019年08月 ] 記事一覧

夢模様 枕模様

悲しみを枕にしたら どんな夢を見るのだろう 喜びを枕にしたら どんな夢を見るのだろう 雨降りの中を独り とぼとぼと歩く夢だろうか 晴れ上がった空の下で 踊るように駆け出している夢だろうか 心に抱いた思いが 夢の中で動き出す 溢れる喜びも 傷ついた悲しみも 夢の中で 新たな顔を見せる 『織り成す色模様』枕を涙で濡らさないで欲しい その悲しい思いを 夢の中まで持ち込まないで 嬉しい笑顔なら 楽しい夢を描いてくれるだろ...

生きてりゃいいさ

生きていくために 生きる意味をひたすら考えるいかに生きるか? どう生きるか?でも本当は 生きるのは生きるようにしむけられた体と生きるようにしむけられた本能で人は生きている生きる事に意味なんかないもっと単純に あっけらかんと生きてみたらいいあれこれ 生きる事を考えて悩んで結局いつまでも何の答えも無いままに生きている考えるのが人間 悩むのが人間だからそして運命はとても過酷だからイヤでも考えなければ悩まなけれ...

心の森への誘い(いざない)

あなたの心の森には 何が棲んでいるのだろう? 天使? 悪魔? 妖精? 妖怪? それとも神(GOD)だろうか? いやいや たった一人の恋しい愛しい人かもしれない だが そう思っているだけで 心の森には あなたの知らない世界があるかもしれないよ 深い深い森の奥には 底無し沼があるかもしれないし 地下の暗黒世界に繋がる洞窟があるかもしれない 或いは 天上世界の入口のような澄み切った碧いバノラマ空間が広がっているかもしれないそ...

耳から離れない言葉…『本音という魔物』

『本音という刃』に打ち砕かれ 切り裂かれて幸せな思い込みも勘違いも バラバラに壊れていく 本音なんか知らなくたっていい 真実なんか知らなくたって 生きていける突き付けられた本音 ぶつけられた本音の言葉に 胸をえぐられて 涙する時 あのまま 幸せな思い込みの中に居たかった そんな事は知りたくなかった 知らされたくなんかなかった そう思ってみても 耳にこびりついた言葉は もう決して消える事はない 消し去る事は出来ない...

輝きを増して

微かにしか見えないかもしれない 遠くに小さくしか見えないかもしれない だけど 心の奥には光源がある でも気持ちが沈み込んで暗やんでいたら もし 心の中が暗闇に覆われていたら 心の中に不要なゴミが溜まっていたら 光を放つことも 光を見せることも出来ない 心を正して 気持ちを少しづつ整理して立て直して 不要なゴミや過去の遺物を処分したら そうしたら 扉が少しづつ開いて 鈍い光を放つものが次第に強くなって 想いの量だけ...

風を読む

いつだってその時の風向き次第 何もかも 成り行き任せ どうしたい どうなりたい そんな目的を定めることもなく 漫然と時を過ごすそれでは風を読んでも 何にもならない 何のために風向きを読むのか?その事を考えるのが大事 風見鶏を見て 傘を持たない自分に気付いて 風向きも雲行きもあやしくなって それで慌てるキミ風見鶏にも笑われる…そんな自分の怪しい風向きに気付いた時に心が定まっていないのに 心に揺らぎがあるのに まる...

心を覗いてみよう

アナタの心 キミの心 一体どんな風になってるのだろう 何を見てるのだろう 何を求めて何を捜しているのだろう 何処からやって来て そして何処へ行くのだろう 時には自分の心を覗いてみよう 本当の心を確かめてみよう 大きく心を開いて 隠さずに隅々まで 自分が好きになるまで 自分が真底愛しくなるまで 心を開いて 心を広げて 見詰めてみよう イヤな所キライな所 見たくない確かめたくない そんな心も様をしっかり見詰めて… そ...

自分を見つける 『私って何』

自分って一体何なのだろう? どうやって自分を見つけたらいい? 何処に行けば見つかるのだろう?わからない 解らない 判らない 分らない かけがえのない自分なのに こんなにも思い悩んで生きて来たのに いつまで経っても? ??????の連続 そうやって『自分捜し』に明け暮れるキミ捜しても探しても見つかる事は決してない 自分を捜して彷徨うのは まるで玉葱を剥いているようなもの 一枚一枚剥いていっても何処までも玉葱のま...

溢れそうな言葉を待って

からだの中に飛び交う言葉 絡み合い 縺れ合い 捩じれ合い 弾け合い 今にも溢れかえる 言葉達 なのに それなのに 言葉は整合性を失っているのだろうかただ からだ中を駆け巡るだけ だから 沈黙する ただ黙り通している 沈黙が内蔵する広大無辺な 言葉の草原 そして 風が吹き草達を撫でて 次第に強く強くそのうち草は川の水になって 流れはじめるいつしか自らの意識の本流が見えてきて 言葉が溢れ出す 流れ出す その時を待って 待ち...

道 道程 道筋 道標

キミがこれまで歩いてきた道 その道程はとても険しく道無き道をキミの足が踏んで踏みならしてキミ自身が創ったもの これから先 明日へと向かって続く道 歩いて行く道も キミ自身が生み出し創り出していくもの 誰のためでもない 誰のせいでもない ましてや 他の人 他の誰かが踏み締め創るものでもない辛いだろう 苦しいだろう 愚痴を言ってもいい 嘆いてもいい 落ち込んでもいい 泣き叫んだっていい 道の途中で蹲って 震え出してい...

跳ね返ってくるもの

思いを抱き 放つ 放てば どんなことでも跳ね返ってくる 正も邪も 良い事 悪い事も思ったままに 訳も解らずに 念を言葉を放つその場限りの 安易な思いで 後先を考えない思いつきの行動をする そして いつしか跳ね返って来て グサリと胸に突き刺さる 不意打ちのように 頭を 鼻っ柱を強く殴打する その時はじめて その鋭い傷みを痛感する だから 放つその前に自分の思い 自分の心と向き合って欲しい 跳ね返っていいものを 戻って来て...

立ち止まらないで

すべては時の流れが洗ってくれる 哀しいことも 苦しいことも いつまでも どこまでも 同じ思いでいることなんかない たとえ思いを繋いでいくことを自分に課したとしても時は優しく緩やかに 心の流れを変えていく 明日を生きるため 明日を創るため過去の哀しい苦しい残留思念を解きほぐして忘却へといざなってくれるそして 新しい生命の息吹きをそーっと与えてくれる苦渋に充ちた表情にも 微笑みが戻って いつしか空を見上げているだ...

心の縄を解き放つ

自らを縛る 心の囚われが創った悲しいイリュージョン 決して幸せはやって来ないと思い夢は夢でしかなく 叶う望みも少しだけと感じ 人生は苦しむ事がほとんど 歓びはほんの束の間と断定する悲しみも歓びも人生の喜怒哀楽は人の心模様がさまざまに創りあげるもの心を澄まして じっと見つめてみよう 心の縄を解き放ってみようあなたは一人ぼっちと言うけれど あなたを温かく包む周りの人達の優しい微笑みが見える あなたの前途に光が...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ