FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2019年03月 ] 記事一覧

桜咲く・空に薄紅の花祭り

桜花 空に萌えて 薄紅の春模様艶やかに 華やかに 爽やかに未だ寒気が残り  冷たい風が吹き抜けていくけれど季節の巡りは裏切ることなく 麗しき花舞台を開く長いつき合いの桜の木 また今年も見事な花開く本当にありがとうブログランキングご協力お願い致します。***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』***** ホームページは こちらです    東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分   鑑定歴40年 面接鑑定専門 ...

陽春に花爆ぜる

咲いて咲いて 咲き誇る花達春の優しい陽の光に照らされて跳び はね 歌い 踊る空高くをめがけて 爆ぜる何も思わず 何も考えず 何も迷わずにただ一心に蠢動する生命の息吹き ただひたすらに 季節の歓び三寒四温の大気の流れ 頬打つ風に移ろう季節の証を感じてそろそろコートも脱いで…少し肩を丸めながらながら道に咲く花を見る風はまだ冷たいけれど 季節の足音は日に日に大きく響いてくるもうすぐ本当の『春の扉』が開かれ匂い立つ花...

過ぎる時への悔恨

自分の心と折り合いをつけ 少しずつ 少しずつ心の中にしまい込んで もうすっかり風化したと思っていたのに 何かのはずみ ふとしたキッカケで 一気にフラッシュバックしてよみがえる 悲しみが 悔しさが 無念さが 後から後からこみ上げてきて 涙が止まらず 悔恨の嗚咽になる もし 逆旋して時を戻せるなら… あの時 こうしていれば あの時 こうなっていたら そんな思いで振り返ってしまうけど 過去を変えることなんて出来っこない 知っ...

易断・黙って座れば

対座する相談者をじっくり見定めてしばし宙を仰ぎ おもむろに賽子(サイコロ)の箱を振る卦を立てて 確と見詰め占示を浮かべる…すべてが見える!…そんな訳がないでしょう占断は闇雲に行うものにあらずとことん的(まと)を絞って充分吟味する所から始まるのです『筮前の審事』といって 易卦を立てる前に問題を把握するため 事情を問い質して 情況を詳らかにするのです易断は推理の学 占いは現象の分析と未来指標の学なのです共に悩...

心が織りなす人生模様

アナタの春秋(人生)の織物 綺麗に織り上がっているだろうか? もし 織り目も模様も満足できないものなら もう一度 糸目を揃えてみないか 縦糸は目標や未来設計図 横糸は生きていく時間軸 日常生活 両方の糸をピンと張って 糸目をきちんと揃えて もう一度 目指す織物のイメージを描いて織り込んでいこう 長く広げた絵巻の織物に 美しさ艶やかさと共に 自分らしさが浮かび上がるように さあ 今日から その指で その心で精一杯取り...

心の共感

喜びも悲しみも 苦しみ楽しみも ありとあらゆる思いを経てきた だからこそ 人と共感できるのに 人の気持に共振できるのに…どうしたんだろう 今のキミは?何があったんだろう? 自分のことでいっぱい・いっぱいになってる それじゃ 人の心に寄り添えないよね でもそんなんじゃ 自分の想いや感情だって 人から解って貰えないよね 自分の殻に閉じこもらないで 独りぼっちになんかならないで悲しかったら 悲しい人の気持ちに 辛かった...

無意識下に動く意識

アナタは毎日自分の意志で行動していると思っているだろうか朝目覚めてから寝るまで歯磨きや洗顔 食事 服の着替え歩いたり 走ったり 電車に乗ったり 自転車に乗ったり 車の運転をしたり考えなくても自然に体が動いてやっていることは多い無意識に体が動いて毎日行っていることをごく自然にこなしている意識して覚えたものでも 繰り返せば無意識に出来るようになる知識や技術も繰り返すことで無意識下に刷り込まれていくそして 無...

好意の向け方

みんなから良く思われようとして誰からも好かれようとしてあっちにもこっちにも八方美人になると 誤解もされやすい人はそれぞれの心の中に胸の内に さまざまな思いを抱え悲しみも苦しみも内に秘めて何事も無いような顔をして過ごしている表に顕れた表情や言動だけがその人ではない内に秘めたもの 隠されたり封印された部分のほうが多いかもしれない外側の風情で推し量って亀裂が起きることもある人は複雑な多面体の意識構造を持つ...

パラレルワールド

アナタのすぐそばにある もう一つの世界に思いを馳せたことはあるだろうか? 『パラレルワールド』 もしかしたら そこにはもう一人のアナタが居るかもしれない 弾けるような笑顔で仲間達の中心にいるアナタ 胸を張って 颯爽と歩いているアナタ 愛する人と素敵な家庭を築いているアナタ 元気で溌剌として 人生を謳歌しているアナタ… もし 今の世界で生きづらくなったら 悲しみ苦しみに胸が塞がれる思いになったら 涙で枕を濡らす夜...

想念のグルグル回り

とめどなくグルグル回り巡る想念 思いも感情もただ空回りを続けている 答えなんて出ることもなく 壊れて脱線した軌道を繰り返しなぞるレコード盤のように 切れ目のない輪を周回するように でも ある時小さな光点が現れ そこからループは解き放たれ 奔流のように放射状になって思考が溢れ流れ始める 空回りを怖れることなんかない グルグル回りだって 停止状態よりはずっといいのだから いつか思考の流れは輝く光になって 未来の方...

季節の扉が開く

蠢動する季節の息吹き 三寒四温の気の流れ 頬打つ風に移ろう季節の証を感じて… そろそろコートの襟を立てて歩くのも… なんて思い 道の草花を見る春の気配を身に纏(まと)い温かな光さえ放つように花開いている葉の緑が陽を吸い込んで色鮮やかになっている 風はまだ冷たいけれど 季節の足音は日に日に近付いてきて もうすぐ本当の 『春の扉』が開かれ 匂い立つ花たちの季節になる 花たちの 飛び交う蝶たちの華やかな輪舞がはじまる ...

春の宴

季節の巡り 時は巡りて又 再会の歓びに浸る 悠久の時を越え 人形(ひとがた)に御霊を乗せ翔び来たる雅人(みやびびと)達 ひとしきり魂の邂逅の時空に蓋われてその大気は雅びな光彩と薫りに包まれる…陽春の気を心に想起して陶然の眩暈幻惑感を醸して 朝な夕なに歓びの宴が続いていく押入れに留まる事が適わず貴人が囁いたものか或いは鬱屈した冬の季と離れて陽春の気を先取りしたい我が思いか早い早い邂逅の場面となる それもまた良...

花に囲まれて

四季の花々に囲まれて その溢れる華やぎにも満たされず いつも物足りなくて もっと違う花が欲しい というキミ他の庭には もっともっと 艶やかで多彩な花が咲き誇り 珍しい花も咲いているから・・・ 憂鬱な顔をして いつも いつも 無い物ねだりのキミ足りないものを探しては 不満ばかりを言っている それじゃ 咲いてる花たちも寂しく萎れてしまうよそんなことをしてるより 気付いて欲しいんだ 周りに溢れる花たちの 放つ色彩の鮮や...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ