FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2019年01月 ] 記事一覧

無意識の中に潜む魔

その言動 その思い その考え アナタはすべて 自分の意識でコントロールしていると思っているのだろうか 毎日の生活の中での行動や考えや言葉など その半分以上が「無意識」に操られているのを知っているだろうか 無意識の意識構造を作り上げているのも自分 日々の想念や思念 感情などが蓄積して いつしか心の奥底に折り重なった無意識界を作り上げている 無意識の悪意も邪心も嫉妬も わかる人には 丸ごと透けて見えてしまう 自分が...

人生の繋ぎ方

そろそろ生き方を変えたいと思う 仕事も人間関係も 恋だって これまでとは違う自分を創っていきたい 自分の立ち位置も生きる場所も何もかも漫然と過ごしている時間が辛くなってきたから 成り行き任せの人生は 何かに操られているようで何処に行くこともできないのは 何処に行きたいのかが解らないからそう決意して 自己変革のテーマを模索しているのだけど… 何から始めて どう自分を創っていったらいいのか? 頭の中が混沌として ...

逃げないで

物事には様々な裏表があるから逃げることが一概に悪いとはいえない負けるが勝ち 逃げるが勝ちの場合もあるしかし やるべきこと やらなければならないことから逃げてばかりいては いつまで経っても逃げの人生になってしまう真っ正面から物事にぶつかったり何かをやり続けることは辛いかもしれない決して楽なことではないからだでも楽な方 楽な方へ逃げていたら何かをやり遂げたり 希望を叶えることは出来ない辛くて苦しいけど面白い...

過ぎゆく時の中で

今年 アナタは幾つになるだろう 過ぎ去ってはじめて気付く 人生の彩りがある 流れる時間にまかせて ただ毎日を過ごしていると 見過ごしてしまう 大事なものかもしれないものを見逃してしまう 四季の移り変わりと同じように 人生の季節も いつの間にか 通り過ぎてしまう あの時 あの頃 あの時代 あの年齢で もっともっと 考えておけば良かった もっともっと いろんなことをやっておけば良かったと 後になって気付くことは多い 今 や...

自分への縛り・限定枠

年代や年齢という枠は 決め付けにも言い訳にも よく使われる 何十代の人はこうだ その世代の人はこうだ 幾つ以上になったら もう頭が固いんだから 何を言っても変わらない 変えることなんて出来ない その年齢になって そんなこと出来っこない やれるはずがない ワタシは ボクは オレは… もう何才だから もうこんなに生きてしまったから 自分を変えるなんて無理だ だから周りが合わせるべきだ! もしかしたらアナタはそうなのかもし...

封印を解く

ふと振り返った道の脇に 赤々と燃え立つ炎があった 心によぎるのは かつて燃え上がった恋の写し絵… かつて胸に溢れ返っていた希望の火の色… もうすっかり消え去ったと思っていた炎は 今も心の奥底の 封印された箱の中で ひっそりと燃え続けていたのだ 様々な場面の残留思念を熱源にして 密やかに それでも決して尽きることなく… そして 忘れていた筈の「熱き想い」を甦らせた時 封印が解けて 炎は紅蓮の様に勢いを増していく 身体...

視座を変えて

世界は自分を中心に回っている そこまで思っていなくても 自分の勝手な思いで 感情で 人を 物事を見てはいないだろうか? 自分の主観や当て推量 ただの感情でしか見なかったら その人の その物事の上辺しか ほんの一部しか解らない それで満足なら それでもいい だけど どうして? なんで? そんな? と思うのなら 感情や主観を脇に置いて 反対側から見てみるといい まったく違う人の姿が まるで別の物事の様相が はっきりと見えて...

螺線階段

厚い氷に閉ざされた心も 悴(かじか)んだ感情も春の柔らかな陽の光のような 温かな言葉に解けていく 悩み 苦しみ 生きる辛さに 疲れ切った心には正論という名の北風は厳し過ぎて 凍り付いた心は 砕け壊れてしまうすっかり疲れ果て何処にも拠り所の無くなった心を 癒し溶かし そして勇気づけてくれるのは 心に染み入る温もりの言葉と 寄り添ってくれる人の体温だけ・・・バラバラに砕け壊れてしまいそうな 脆い心を抱えている間は...

頭をカラッポに

あれこれ考え過ぎていないだろうか わだかまりは頭で考え過ぎることから始まる 裏を読み 奥を覗こうとして すっかり深みに嵌(はま)ってしまうこともある 懐疑し邪推し ついに被害妄想になり 疑いの目は さらに人を物事を出来事を 何から何まで 色メガネで見るようになる 時には何も考えず 何も見ず 頭をカラッポにしてみないか! 心を更地にしてみないか! 風が通りやすいように 心の扉を全開して そして降り注ぐ陽の光をいっぱ...

時を刻む

時は決して動きを止めない 悲しい時 寂しい時も 嬉しい時 楽しい時もすべては流れる時の中幸せの絶頂に居て このまま時を止めたい いつまでも いつまでも このままでいたいと願っても…或いは 苦しみ 悲しみの奈落の底に居る時 いつまでも いつまでも未来永劫の闇の中と絶望に震えて居ても 時は決して動きを止めない 新たな流れ 変化の空間を創り出していく 生々流転 河の流れのように同じ水は無い それが救いとなることもあれば 時...

春の予感

厳冬の最中(さなか)でもそこだけ陽春のような彩りが溢れている突き刺す寒気にさらされながら尚一層の華やかな色を放つ花たちその匂い立つ生命の息吹きに力づけられる背を丸め肩をすぼめた厚着の奥でほんのりと胸が温かくなってくるその胸の中に生まれた陽溜まりにロックされていた心の窓が開きはじめ思わず外に駆け出したくなる自分がいる今年こそ良い年に 実りある年にしていこうみんな みんな 思い切り走っていこうブログラン...

謹賀新年

“明けましておめでとうございます”“本年もどうぞ宜しくお願いいたします”過ぎた時がどうあろうと 過ごした日々がどうであろうと今 この時ばかりは新たな気持が胸を高鳴らせ 心も高揚する昨日の事 おとといの事 数日前の事みんなみんな 『去年という箱』 に納められ しっかり封印される…されど年は明けても「 時代の夜明け」とはならない 閉塞して暗やむ世情の さらに深まる不安がよぎる… それでも 希望を持って『今年という箱』 の...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ