FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2018年12月 ] 記事一覧

こけし

遠いあの日が帰って来たような 心がじんわり温かくなって ほんのり胸がつまるような 素朴で控え目で優しい表情のこけし達 あの時の幼な子の自分が 何の興味も示さなかった筈なのに そんなこけしに 今は深い郷愁を感じている それは あの時代の原風景が心に広がり 懐かしい匂いが立ち込めてくるから 思い出の箱が開き 時空が逆旋していくからいつも天真爛漫に 丘を駆け 野を駆け 川に遊ぶ 時を忘れ 辺りが暗くなるまで遊びほうけた ...

現象から自分を観る

『身に起こる事はすべて心の写し絵』 心の様 想念の様が現象を操っていく 「納得なんか出来ない 理不尽だ 耐えられない情況だ!?」 或いは「身に余る幸せ これは本当だろうか? 怖いほどだ…」 そんな風に思ったとしてもそれはいずれも偶然の産物なんかじゃない 必ず心象世界や観念や 究極は運命を投影している 身に起こった現象 それを操るものを詳らかに検証すれば 必ず そこには自らの実存領域の意識構造を示す確かな『答え』が...

懐かしい時空

                                                                                      時空が逆旋して 懐かしい情景が広がるいつしか幼な子達の歓声が聞こえてくるほのぼのとして まどろ...

夜明け前の闇

今 夜が明ける暁がやって来る その前には 漆黒の闇の静寂があるこの闇の中に閉ざされたまま このまま終末を迎えるのだろうか? そんな思いに囚われて 慟哭しているキミ 闇の深い静寂にたじろいで 声を発することも出来ないキミ そんな時には 心に火を灯そう たった一本のマッチを擦るだけで 一瞬にして闇は消え去るのだから… でも もし灯す火が無かったとしても じっと そのまま待つだけでいい 暁は すぐそこまで来ているのだから...

ささやかに日々の喜びを

頭の中にできた壁が思考の流れをせき止めている 余計なことを考えるな!それ以上考えてはいけない! というかのように 心の中に木霊する他人への 自分への 批判を不平不満を 頭の中で循環させてはいけないと何かがストップをかけているようだ 他人への怒りを 自分への怒りや蔑みを持ち続けたら 決して幸せになんかなれない 他人を自分を 貶(おとし)めるだけで 良いことなんか 何も起きないから それより 小さな ささやかな日々...

椅子

こんな椅子に座って いつまでも語り合っていた あの頃 時の経つのも忘れ 外の寒さも忘れ いつまでも 見詰め合い 確かなものを瞳に写していた 何のためらいもなく 何の迷いもなかった 一緒に居る事が楽しく 時を共有する事が嬉しかった でも いつしか 想念に揺らぎを見つけて 走るように逃げ 隠れ込んだのは どっちが先だったのだろう 相手に不安を感じたんじゃない ただ自分の心に問い掛けて カラカラと崩れていく脆い感情があっ...

話せばわかる…

"話せばわかる 話し合えばお互いに理解し合える" 心の底から 本音でそう思っているとしたら その人は幸せな人生を歩んできたことになる 外国語ではない 方言でもない 同じ日本人同士で 標準語で話していても 通じない人には 何をどう言っても通じない その人 その人の発する言葉 受け取る言葉の背景には 生い立ちや環境 生活や人生からくる価値観や信条が詰まっている だから価値観が違えば 境遇が違えば 言葉の質感 語感の持つ意...

別れ

勢いよく天に飛翔して 旋回しながら ゆっくり地に環っていく 精一杯生命を燃やし尽くした 樹上の生涯を滲ませながら 静かに佇んている ほのぼのと微笑んでいるような 春秋を成就した者の持つ安らぎの表情に見える次の転生を想起して 次の出会いを想起して生命の永遠の循環を告げながら 土に身を寄せ 深い安堵に包まれている・・・ さようならブログランキングご協力お願い致します。***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*...

心を開いて

心を閉じ込めて いつまでも尖った気持で ぶつぶつと独り言ばかり呟いているキミ そろそろ心を開いてみたらいい もう そんな尖った気持でいないで もっと素直になったらいい 自然に優しい言葉が話せるようになるから 険しい表情をして 肩を怒らせて 張り詰めた波動をあたり一面に投げ掛けて それじゃ 厳しい言葉しか出てこない 本当は人と関わりたいのに 本当は人に近寄りたいのに 思いを交わし 苦悩も歓びも何もかも分かち合いたい...

過ぎゆく時

過ぎゆく時間の速さも長さも変わらないけど その人 その時 その経過の中で感じる時間の長さ速さは人それぞれ ほんの一瞬のことが とても長い時間に感じたり かなりの時間が流れたのに ほんの束の間のことに思えたり 長い時を経ているのに つい昨日のことのように感じたり 数十年の経過さえ 短い時間に頭の中を駆け巡ったり つい数日前のことが 随分以前のことに感じたり感覚の中の時間は 長くも短くもなる 流れている時間は 過ぎゆ...

貝のように・封印された心

何もかも しまい込んで 固く閉ざしている まるで貝のようにそんな風に見えているとしても 何も隠してなんかいないし 誰を拒否してる訳でもない ゆっくりと 心の中に育つものを見守っているだけ そっと手を差し延べてくれたら そして優しく撫でてくれたら 温もりの波動と共に 慈しみの愛を見せてくれたら すぐにも開けていいと思っているのに いつだって 心の中を見せたいと思っているのに そんな私の心を解ってくれる人を/待ち続け...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ