FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2018年11月 ] 記事一覧

もう振り返らない

前を向いて歩き始めたはずなのに ふと 振り返りたくなる もう あなたは背を向けているかもしれないのに 思わず足が止まりそうになる 駆け戻って あなたの背中にすがりたくなる そんな自分の心を必死に引き止めて 固く手を握りしめて 我慢する 脇目もふらずに 前に進むことだけが決して振り返らず進むことだけが 自分に与えられた道だから 幸せへと続く道だから そのことを真底知っているから… 辛くても 哀しくても 寂しくても もう...

街の明かり

眩い光の交差する夜の街並 ひしめき合うように人の波が行き交っている 昼間の喧騒のなごりも確かにあるのに 夜の賑わいは まるで違う顔を見せる 少し寂しげで 何だか物憂げで そして華やかな街の顔 眩い光に吸い込まれるように 消え行く人も居る さながら光の作る闇の中に紛れ込むように当て所もなく彷徨いながら もどかしい思いに駆られて 何かを捜しているのだろう 何処かに置き忘れた心 それとも いつの間にか捨ててしまった想...

見通す眼

目の前にあっても見えないことがある まるで気付かないこともある 誰にも盲点はあるけれど 何かのキッカケで気付いたり 見えてくると それだけで 少し自分が成長できたような気になれる 盲点や 気付けないのは眼のせいではなく 意識が曖昧だったり 視界が合っても 脳がとらえていないから 拘りが強かったり 視野が狭ければ 見えているはずのものさえ 見えなくなってしまう 大らかな気持ちで もっと全体を見るように心掛けていれば...

自分から逃げる

何もしたくない 何も出来ない 何も考えたくもない 今 ここに居る事すら辛いから 自分が嫌で 嫌で…何をやっても上手くいかない 何を考えても 結果はいつも失敗 そんな自分を放棄したくて 逃げる事ばかりを企てる でも 逃げても 逃げても追い掛けてくる 何処まで逃げても 逃げ場なんて無い 逃げのびたとしても その行き着く先は空っぽの世界逃げ切れたと思う その世界はイリュージョン 幻想 妄想 もっと哀しく辛い幽閉世界 いつまで...

過去の闇を解き放つ

閉ざした心の倉庫の中に風化しきれない過去の闇が眠っている 思い出として浮かび上がってくるのは 風化し浄化され 再構築された過去 楽しかった思い出 美しい思い出 そして 辛く悲しかった過去でも 風化し浄化し濾過されれば 通り過ぎた風景のように 淡く浮かび上がってくる 重すぎて辛すぎて 悲しく苦しくて どうにもならない過去だけが 心の奥底に 深い闇として残っている 時が経ち 心が立ち直った時 一切が自分の人生の軌跡と...

心の窓 心の鏡 心の海

この人より自分が上か それとも下か? あの人とはどうだろうか? そんな風に いつも誰かと比べていたら 一生 気の休まるときがない 自分の子と余所の子 どっちが上か下か? いつもいつも比べっこをしていたら 子供は苛立ってばかり 真っ直ぐに育たない 比較する対象 情況によって 上下変動は激しいのだから 比べるのは何の意味もない ただ虚しいだけの思いに帰着する だから そんな思いは捨ててしまった方がいい 無作為無意識の領...

愛すること 愛されること…

誰かを愛しても なんだか哀しい 誰かに愛されても なんだか寂しい 心の中に穴があいてるよう… 心の奥底が軋んでいるよう… そんな風に思えるなら それは誰かを本当に愛していないから 誰からも本当の愛を貰っていないから だから 闇雲に愛したりせず 愛されたりもせず じっと自分を見詰めて 自分を確かめて まずは自分を真底愛していくことだ 愛せる自分になっていくことだ 愛せる心を創っていくことだどんな心になっていくのか・・...

信頼と絆

離れていても 遠くにいても 心の奥で通じ合うためには 互いの信頼が不可欠になる いくら言葉で 優しく甘く語りかけ 話し合い 一時和み 打ち解け合っても 何かのきっかけで そんなものは弾け散ってしまう 吹き上がる突風に飛ばされてしまう 互いに深い信頼の絆さえあれば 何が起こっても どんなに外圧がかかっても 揺らぎはしない 壊れはしない 信頼出来る領域まで 互いの理解を深める たとえそれぞれの個性が違っても 認め合い 気...

時空の闇と光

時の呪縛から解き放たれたら 豊かに たゆたう流れの中に身を置ける 秒針の隙間からスルリと抜け出した時の空間が 優しく受け止め 包み込んでくれる すべての時計をなくしてしまったときから 何からも捕らわれない 自由な時空間が生まれる もし窓がなかったら 扉も開かず外に出なかったなら 昼も夜も 太陽も月も星も 広大な宇宙さえ アナタの手の中に… そんな時空を 試してみよう その手の中に 豊穣の空間を掴んでみよう そして…す...

喪失感に襲われる時

自分が見えない 解らない 今在る自分が見えなくなった そんな風に 時折訪れる自己不在の不安情況 でも それが真の自己対話の始まるきっかけ 無理やり作り出したビジョン その幻想に近い目的に向かって闇雲に走り込んで来たことの 悲しい答なのかもしれない運気の狭間の閉塞情況は 虚しい自己喪失感となるけれど でも その原因は心の中の座標軸の揺らぎなのだから 思考と行動の基本軸を正す時と考えてみよう 自分の描いた未来の絵模...

いつか心に響く言の葉

小さな枠の中の言葉達の呟きが読む人の心の中に広がっていく一粒の 一片の言葉が 一人一人の胸の中で様々に異なった色を帯び そおっと染み込んでいく元気になれる言葉 励まされる言葉考えさせられる言葉 思考を促す言葉ある時は まるで訳が解らない文の連なり混沌として掴みどころのないフレーズだけど時が経って それらの言葉達が アナタの頭に胸に 心に響きわたる“ああ そうなのか! ああ そうなのだ!" と… 彩られた 小さな...

足元を見詰めて

目に見えない何かを追いかけて 時間を浪費するより 今ある自分を 足元を見つめ直して欲しい 浮き草のようにならないために フワフワと あてどのない迷路を彷徨わないために 大地に足をつけて 踏ん張って 今の自分を振り返って 何を求めているか? 何が出来るか? 自分の能力はどの程度か? しっかり自己認識して欲しい 風を追いかけて 雲を追いかけて 影絵のような不確かな幻を追いかけて… 行方の定まらない人生を過ごすには 私た...

光の道標

闇を消すものは 光 迷う心・闇を彷徨う心に灯す明かり 立ち止まっては 悩み 悩んでは 立ち尽くす あてどない 人生の旅人 何処が到達点なのかが 解らない そんな時には 光の輪に向かえばいい 闇を避け 光の指す方向に向かって行くのがいい 光は希望 光に照らされ 包まれた時に 自分の中にある 生きるテーマが見えてくる 捜し求めるものが見えてくる光と闇は 背中合わせの双子 闇があるから 光の眩さが際立ち 光があるから 闇の果て...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ