FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2018年09月 ] 記事一覧

自分って何?

“アナタって優しくて思いやりのある人ね" “アナタって落ち着いてて考えの深い人ね" “アナタって思い切りがいいわね だけど少しせっかちかも" “アナタって勇気のある人" 寛容な人 柔軟な人 正義感の強い人 包容力のある人 潔癖な人 頑固な人 融通のきく人 (きかない人)意志の強い人 …そんな風に人から言われる人間像それが自分なんだと思ってしまう人がいる 自分という存在は 他者が決めるものだと思っている そのことに何の疑問...

時を計る

機が熟す その時を待つ 思考の極点まで 遠い道程を経て 動き出す時を計る心の中に光が溢れ出すまで どんなに時間がかかっても 決して慌てない事全ては時を得ているかによる 時間軸の座標が定まって 達成の領域が 初めて明らかになる 人生を決定づける行動の基本である ブログランキングご協力お願い致します。***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』***** ホームページは こちらです    東京目黒区 東横線祐天...

交わす言葉 交わす思い

どんな言葉を投げ掛けるのか?どんな言葉を受け取るのか? でも言葉は その時の心のありようで 意味が変容する言われたことに 受け取った言葉に傷付きすっかり落ち込んでしまったり 耐えがたい程の不協和音と感じても投げた側には 何の悪意もなく むしろ思いのこもった言葉だったりする 或いは懲らしめのために 責め立てるような容赦ない言葉をぶつけても 「有り難う よくそこまで言ってくれたね」「本当に心底思ってくれてるんだ...

染み付いた過去

何気ない仕草に ふと垣間見せる表情や言葉に これまで通って来た道筋が見えてしまう いくら装っても 着飾っても決して隠し通す事が出来ない くぐり抜けて来た境遇が 擦り抜けて来た春秋 人生の証が振り捨ててきたつもりの過去が 足掻いても もがいても抜け出せない 生まれ育った環境 背負った境涯が身体の隅々に染みわたって ふとした瞬間に顔を出してしまう もし 全てをリセットして まっさらの自分になりたいのなら 新しく 生き...

耳を傾けて

かたい背を向けて頬を強張らせて 頑なに弱い自分を守っている 他人の言葉を聞かないのは 耳を傾けないのは 聞いてしまったら 心が崩れそうだから カラカラと音を立てて 瓦解してしまいそうだから 脆い心 弱い心を守るために ずっと 背を向け続けている でも本当は 弱いからこそ 脆いからこそ 他者のアドバイスが必要なのに さあ 振り向いて さあ 心を溶かして キミのことを真底考えてくれている人の言葉を 聞いてみないか 耳に入れ...

幸せの羽

幸せも不幸せもアナタ自身が呼び込んでいる! そう言われたら 怒るだろうか?憤慨するだろうか? それとも素直に頷けるだろうか? 心に暗く澱んだ汚い渦ができていたら 燦然と輝く天使の羽は決して寄ってこない どす黒い悪魔の尻尾しかやってこない 辛くても 苦しくても 自棄になったりしないで 投げやりになったりしないで 心の中の整理整頓をして 明日への希望を持ち続けていたら きっと あの煌めくような羽を手にできる 幸せ...

過ぎ行く時 追想哀歌

胸膨らむ 晴れやかに 心地よかった時は 過ぎ去ってしまった まるで通りすがりの人のように… あの人からも この人からも あっちから こっちから いろんな人に声をかけられ 想いを打ち明けられ みんなに笑顔を振りまいていた 嬉しくて 華やいで 心が満たされて 自然に胸を張って 颯爽と歩けた 溢れる自信で どんな人にも優しく出来た あの花のオーラに包まれたような日々は 何処に行ってしまったのだろう今 厚い雲に覆われた空の下を...

魔を切る

魔は何処から飛んで来る? 魔を身に入れた後から 急変する人生ドラマ 不可思議な現象の連続 意味不明の 行動 解析不能の 心象 運気の波を越えた因果律の概念から乖離した超常現象 憑依・祟禍・霊障 呪い 怨嗟魔を切る 魔を封じ込める 陰陽師・呪術師・そして占術家に救済を求めて群がる 魔に憑かれた人達 先祖の祟り・未成仏霊の訴え・水子霊 死霊・生霊さらに前世の因縁ありとあらゆる原因追求 これが必然の理屈とばかり 魔を...

闇を照らす

辛く哀しく 暗く寂しく閉じ籠った心には優しくのどかな蝋燭の燈火のような仄かで緩やかな光に包まれるのがいいホッとするような さりげない慰めの言葉もいい暖かく そーっと見詰める眼差しもいいでも それよりも 何よりもただ淡い光に照らされていつまでも 優しい優しい沈黙がいい傷つき痛む時には仄かな燈火のくれる温もりがいいそれが何よりの 心の包帯そして すっかり心が癒やされたら次第に自分の心の中に明かりが燈り...

白の想念

風に揺れるレースのカーテン 買ってきたばかりのアルバム 広げたノートの白いページ 純白の花嫁のウェディングドレス 白 白 白 ・・・白は始まりの予感 優しい思いになれる色 遠い思い出の中にも 今 現在を流れる時の中にも 白は 晴れやかに息づいて 新たな気持にさせてくれる 今が 霧の中に居るなら 迷路を彷徨っているなら 胸が苦しくなるような 惑いの中にいるなら 行き止まりの道を歩いて なす術も無く 佇んでいるなら 心に白...

ローンウルフ

群れるのが嫌いだから 『オレは一匹狼だ』 なんて言ってるけど 孤独の影を引き摺ったキミの背は 深い寂しさが立ち込めている キミは実は心底から 仲間を求めている 『オレのことなんて 誰も解ってくれない』キミの いつもの台詞 そう言いながら 遠い目をしたキミの瞳が揺れている 解って貰えなくしているのはキミ自身だけど 本当は 心底理解してくれる人を求めている 手を携(たずさ)えて 共に歩んでくれる人を待っている ならば ...

ありのままのキミで…

自然体でいいんだよ そのままでいいんだよ 身体の力を抜いて ありのままで …そんなことを言われても なかなか出来ない 小さな小さな自分に拘っていたら コンプレックスが強かったら 人を恐れる気持があったら 人と向き合うことなんて出来ない 自分とすら向き合うことが出来ない そんな苦悩に心が蝕まれていたら 自然体になんか 決してなれない 肩の力を抜くことなんか出来ない 心も身体もガチガチに固まって 冷たく凍り付いている...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ