FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2018年04月 ] 記事一覧

経験と智恵

生きる事を考えるのと 生きる事は決して同じじゃない 人生は記憶の中にある 記憶から新たな思考が生まれる その思考が 新たな意識 新たな行動原理を生む しかし 行動や実践を伴わない思考を 「脳」は経験として蓄積しない 思ったり考えただけでは記憶にならないのだ 記憶にならないものはただその時かぎりの不確かな観念 実体のある智恵にはなり得ない 新たな思考の手助けにもならない 「脳の経験」にするには 考え そして実践す...

人生の風向き

爽やかな新緑の風が吹き抜ける今 人生の風向きも変えてみたいと思うなら 想念のスイッチをちょっと切り替えて 心の向きも変えてみませんか 季節の風は天気図を見ればわかるけど 人生の風向きは自分の気持ち 自分の心次第 縮かんだ体に暗い冬の衣装を纏っていたら 錘(おもり)を心の奥深く沈めていたら 胸の内が苦悩や悔恨iの澱でドロドロになっていたら 新緑の爽やかな風はアナタをすり抜けてしまう 陽射しをたっぷり浴びた 清々...

芽吹き

何も無い 何も起こらない暗闇に閉ざされたように 何も思わず何も求めず閉塞した心のままに 無為な時空に佇んでいたらふと耳打ちするように 芽吹きの葉が囁きかけてくる心彷徨い あてどなく 何も見つけることなくむしろ見つける気も無かったからその囁きは 新たな季節の福音 新たな息吹き確かな生命の芽生えを訴えて意識を覚醒させてくれるよう立ち止まり 立ち尽くし あてどない堂々巡りそんな傷心を解き放ってくれるよう明日を創っ...

いつも いつの間にかフェードアウト

みんな 黙って去って行ってしまう あの人も あの人も あの人も… ふいに居なくなってしまう気を遣い過ぎたから? 嫌われるのが怖くて 何も言えなかったから? 何も言わなかったから?本当の気持ち 本当の心を見せなかったから?毎日のように 何回もあった電話やメールが 次第に間遠になって 気付いたら何も言わずに消えていた ケンカしたことなんか無かった ワガママだって 一度も言ったことも無かった オネダリもしなかったそれな...

思い込みの関係性

人対人の関係性は 誤解や臆測もふくめて思い込みによって作られていくことがある次第に本筋からずれていくのを成り行き任せにしていたらいつしか どうにも軌道修正のきかない場面となることがある相手の心が映し返す自らの人間像 相手の思い込んだ人格個性に縛られることがある時としてあるがままに振る舞ったり本然の思考や感情を見せる場面で驚かれたりがっかりされたり 非難されたり…元より 人の心は複雑な多面体なのだから他者...

埋もれている自分

何気なく観ていたテレビ偶然に出会った人との会話通りすがりに視界に飛び込んでくる風景澄み切った碧空 ゆったりと浮かぶ白い雲眩い陽の光 頬をよぎる春の風夜空に瞬く星 幽玄に輝く満月ドラマの中のシチュエーション小説の中に描かれた 様々なシーン普段の生活の中で 何気なく見ていること 触れていることそんなさりげない日常に ふと意識を変えてみたら何かを発見することがある自分の中に埋もれているものを発見することがある...

元気をくれる花達に「ありがとう」

道を歩けば いたる所に花達の囁き目を止めれば 優しく微笑み返す花達がいる 見られるのが やっばり嬉しいのだろう 夜の帳が降りて 暗闇の中にも 精一杯の生気を放ち 香りを振りまく花が居る いろんな場所にいる可愛い花達に 心から ありがとう 花達と出会ったら そっと話しかけてみよう 優しく さりげなく心の中に入って来て 素敵な明日を 華やいだ明日を運んでくれるから 花は心の栄養 豊かな気持ちになって 弾む明日を創ってく...

花模様

深紅の薔薇も 薄紅の薔薇も青も 白も 黄も濃く淡く 色とりどりの人生模様 恋の残り火に 胸焦がすことも 透き通るほどの清冽な初恋残像も 夢も 希望も 挫折も 悔恨も 何もかも色とりどりの花模様 いつでも 心に花を持って欲しい 花に例える人生を送って欲しい 心に花を 胸に熱情を そして身体には 花を育てる溢れる水(血液)を ブログランキングご協力お願い致します。***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』***** ...

心の渦 漂って

何もかもが上手くいく 攻めの態勢で前へ前へと走っていける 物事がスムーズに運ばれていく 心も軽いし 身も軽い そんな良い時がある ……だけど心が縮かんで 体も悴(かじか)んでまるで身動きが出来ない やり切れないほどの孤独と閉塞感の中で すっかり自分の殻に閉じこもってしまう そんな悪い時がある でも 悪い時ほど思い切って動き出してみることだ 無理をしてでも 背筋を伸ばして 胸を張って立ち上がってみよう 歩き出してみよ...

自分を認めてあげよう

次々と絶え間なく押し寄せてくる 降り積もってくる悲しみ苦しみ やり切れなさ ひとつひとつは小さなことでも 間断なく打たれるボディブロウのように 次第に心身が蝕まれてくる あれもこれも 何もかもが否定され続ければ どんなに信念を持とうとしても 心が折れてしまう 自分を確かめることも出来ない 自己肯定など至難のワザとなってくる春の陽溜まりのような穏やかさが欲しい…心安らかになる居場所が欲しいだけなのにささやかな...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ