FC2ブログ
2017 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 01
師走の風
- 2017/12/18(Mon) -
20091214231319


冷たい風に乗って

トランペットの音色が街に木霊する

世相を写し出すのか どこまでも切ない響き・・・

少し音のずれた 哀愁を帯びたクリスマスメロディー


コートの襟を立て そーっと鍋に小銭を忍ばせる

音を立てない紙幣を入れてみたい衝動に駆られながら

立ちすくみ思わず寒空を見上げる

小銭の跳ねる声に恥じらいを覚えて

背を丸めて すぐにも雑踏に紛れ込む


あっという間に師走を迎えて季節の風物詩

時の流れの速さに驚嘆しながら

足早に通勤列車の待つ駅へと ホームへと向かう


渋谷にて 『救世軍・社会鍋』


ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************

スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
永遠の救世菩薩
- 2017/12/06(Wed) -
20091130180151

20091130180149


「降りて下さい 助けて下さい 我らをお救い下さい」

遍く世界を救う 衆生済度の究極の菩薩

未来佛の弥勒菩薩様は

過去の歴史に出現降臨された事はない

されど人心は叶わぬ夢と知りながら

無理難題と知りながら降臨を懇願して

数知れない伝説を創っている


現代でも 

しばしば混迷を極める時代情況に

世界救済の奇跡として降臨の預言があり

世界中の国々で情報が飛び交っている

衆生が渇望してやまぬ 永遠の救世菩薩…



『弥勒菩薩』

梵名:マイトレーヤ

佛教の佛菩薩の一尊
梵名を意訳して「慈氏菩薩」といいます。

字は阿逸多Ajitaといい無勝等と訳します。

インドの波羅奈(バラナシー)国に生まれ
釈迦佛の化身を受け
未来に成仏する記を与えられたといいます。

数多い菩薩の中でも、この弥勒菩薩は別格の菩薩様です。
それは、この菩薩が過去の歴史の中で出現した佛ではなく
未来に現れる佛だからです。

弥勒菩薩が現れるのは釈迦入滅後
567.000万年であるとされています。
これは科学的には太陽系の余命とほぼ一致します。

弥勒菩薩はインドではマイトレーヤと呼ばれ
インド宗教と兄弟関係にあるゾロアスター教では
「ミトラ神」に対応します。
しかし実はミトラ信仰はゾロアスター教より古く
「契約の神」「天空神」「光明神」で
又冥界の裁判官でもありました。

ゾロアスター教でアフラ・マズダが最終的に
全知全能の神に進化して、アフラ・マズダに
帰依する人々の時代が来るという話や
キリスト教の説く「最後の審判」の後
神と契約している人々に新しい光の時代が約束される
という話は、このミトラ教の影響で生まれました。

弥勒菩薩が56億7千万年の後に登場して
全ての衆生を完全救済するというのも
この話の変化の一つとされています。

日本では、天空に近い山の上に「弥勒浄土」
があるという信仰が中世の頃からありました。
又、弘法大師は亡くなる時
「自分はこれから弥勒菩薩の所へ行って
56億7千万年後に弥勒と共に、この世に戻って来る」
と言ったという話が伝えられています。

弥勒信仰自体は聖徳太子の頃に
既に朝鮮半島などでも盛んだったようで
かなり古い時代の弥勒菩薩像が
国内外に何体も残っています。

真言:オン・マイタレイヤ・ソワカ

(Wikipedia参照)

仏画『弥勒菩薩像』松井辰子先生謹筆

ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |