FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2016年09月 ] 記事一覧

闇に彷徨う心

長い旅の道程 心も体も冷え込んだ時には 止まり木が欲しくなる 縮かんで動けない体を仮の宿で休めたくなる 温かいもので喉を潤したくなる 食べ物も欲しい誰かの腕に抱かれ 胸に寄り添いたくなる そっと差し伸べてくれる 温かい手を待っている 人生の旅に疲れ果て 独りで歩く事が辛くなった時 明かりの灯る温かい和やかな家を求め 自分を認め 受け入れてくれる人に 巡り合いたいと願う 心が闇夜を彷徨っていたら 無意識に光を求め...

移ろい行く季節と共に

少しづつ季節が通り過ぎていく 知らぬ間に 時が遠ざかっていく風の音を聞いて その移ろい行く様に ふと空を見上げて そして我に帰るいつまでこうしているんだろう? 何処までこうしているんだろう?いつまでも続かない 続けられない 時の流れに 置いてきぼりにされているワタシ…でも 時の流れが気持を変えていく 何かを気付かせてくれている今年の夏はいつまでも名残をとどめているけどそれでも吹く風には もう秋の匂いが立ちこめ...

向き合う者・背き合う者

隣りに居る人を 遠くに感じて 揺らぐ心は宙に浮かんだまま 落ち着きもなく 彷徨っている いつから 温かみを失くしたのだろう 遠くを見詰めるようになったのだろう 相手の声が幾重ものフィルターを通したように 不確かに聞こえるようになったのはいつからだろう 答えの無い問いは 切れ目のないループ 錘を抱いた胸は 深い沼底に沈みこんだまま そして暗い洞穴が心にあいて 熱い想いを吸い込み 次第に凍らせていった 向き合わなけれ...

人の目の中

どう思い どう考えて 何をして どう生きたいのか 何もかも自分の あるがままにしていいのに 自分の人生は自分のものの筈なのに いつでも 取り巻く人の視線を浴びて その表情に一喜一憂する どう思われているんだろう どんな風に見えているんだろう そんな気持に駆られ ハラハラしている すっかり自分らしさを失っているキミ キミはキミ自身の好きなように生きていい 心の赴くままに行動していい本当は 誰もキミの胸の内を覗いてな...

心の背景 想いは様々

あなたにとっては普通のこと 当たり前の 何でもないことでも とても辛い苦しいと思ってしまう人もいる その反対に 他の人にとって至極普通のこと さほど悩むことでもないものが 辛い苦しい 悲しいと感じてしまうこともある 生まれ育った環境や境遇 学習体験の度数性格や感性によっても 男女の性差によっても 感じること 思うこと 考えることは違ってくる 相手の立場になって考える それは “自分だったらこう思う"というだけでは...

旅先案内

何処へ向かって旅をするのでしょう? 旅の目的は 旅の意味するものは何でしょうか? “アナタは大変な旅支度ですね" こんな荷物を担いで これじゃ坂道を登ることが出来ない 狭い通りも抜けることが出来ない あれもこれも詰め込んで 必要な物もすぐには取り出すことも出来ない 要らない物も沢山 旅の途中で手に入る物ばかり “おや キミは随分と身軽な旅支度 それで大丈夫なのかな?" 行きたい所は一体何処なのでしょう? キミの目指...

明日を創る自画像

自己卑下 自己嫌悪 自己憐憫自分を責めて責め苛んでそして ついには究極の自己否定そんな風に『駄目な自分』と思ってしまったらいつまでも『駄目な自分』のままいつまで経っても駄目な情況のまま自分への認識 自分への定義づけ 思い込む自分自らへの否定も肯定も 何もかも訪れる未来は 心に描く『絵』の通りになるキミはどんな絵を描いているのだろう?どんな色合いだろう? どんな風情なんだろう? 絵の中に居る自分は ど...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ