FC2ブログ
波立つ心
2016/05/06(Fri)
20070129102526


計算が成り立たない 理性など役に立たない

合理性など 何処にもない 何から何まで理不尽な事だらけ

それで止められるなら苦悩も焦燥も葛藤もない

心が波立って 気持ちが急き立てられて

いつもの自分をすっかり無くしてしまう


それが恋の魔力というものかもしれない

抗う人さえ虜にして 身も心もがんじがらめにしていく

叶わぬ恋でも 手の届かない相手と知っていても

もしかしたら・・・もっともっと願ったら・・・

人一倍頑張り通したら 違うアプローチをしたら

或いは叶うかもしれない・・・

恋の歓びに満ちた 華やぐ未来を

この胸に この手に掴む事が出来るかもしれない


勘違いも 思い込みも 錯覚も 一途に恋する人間は

全てを味方にして まるで筋違いのベクトルを回して突っ走る

そして恋焦がれる思いの暴走の果て

「なんて酷い 理不尽な」「こんなにも愛したのに 尽くそうとしたのに」

「あんなにも自分を捨てて頑張ったのに・・・」

胸を掻き毟り 唇を噛んで悔しがる

でも どんなに叫んでも悲しみの沼が出来るほど泣いたとしても

時が戻るわけでも 恋を得られるわけでもない

恋の魔力に勝つ秘策は 恋する前に練っておこう

恋してからでは遅すぎる


心の整った形態を正円形とします。
上部中央に理性の占める領域があります。
下部中央には感情領域が占める事になります。
人が恋情を持つとどういう形態になるのか?

恋する気持ちというのは、激しい感情のうねりですね。
だから下部中央の感情領域が跳び出す事になります。
かなりの情動を伴うので尖りながら跳び出る感じですね。
そして、もうこれしかないという心のベクトルが全開しますから
当然理性が無くなり、その領域は凹んでしまうのです。
かなりの急発進で感情領域が跳び出すので
その分引っ張られるように尖って凹むのです。

さあ、どんな形状になるのでしょう?

ハイ 答は、ハート形です

ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
確かな絆を求めて
2016/05/04(Wed)
20080419110359


離れていても 心の絆がしっかり結び付いていれば

不安になんかならないはずなのに…

時々あの人の心が見えなくなって

風に吹かれた小枝のように揺れ動いてしまう

不安の波に押し流されて 胸が押し潰されて…


会っている時は 揺らぎのない愛を感じているのに

離れた途端に あの人の心が信じられなくなってしまう

すっかり見えなくなってしまう

胸が 心が確かな愛で満たされていれば

決して疑心暗鬼になんかならないはずなのに

不安という波が絶えず押し寄せてくる

言いたい事が言えなかったせいだろうか

あの人の横顔に寂しさを見てしまったせいだろうか

言えばよかったのに 思い切って聞けばよかったのに

心の絆を確かめるために


20080419110358


黙っていても何でも通じるなんてあるはずがないのに…

男と女の心の通路には 交わす言葉が必要なのだから

話さなければ解らない事 判り合えない事が沢山あるのだから

この次逢ったら 確かめてみよう 絆の強さを 愛の深さを……

もしも 逢うことが叶うなら まだ絆が断ち切られていないなら……


こんな思考回路だから 相手から疎んじられるのでしょう

もっと もっとあなたは毅然としている方がいい

確かめるのは 相手の心なんかじゃない

むしろ疑心暗鬼の自分の心を確かめ直す事だと思います

絆を信じる 揺らがない気持ちこそが大事なのです

ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |