FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2015年01月 ] 記事一覧

春 待ち遠しくて

風が冷たければ冷たいほど うららかな春が恋しくなる 待ち遠しくなる 寒くて辛い季節が長ければ長いほど 暖かい陽射しに包まれた希望への執着も強くなる 簡単に手にしたもの たやすく成就したものは 大切にしないし 執着もしない 渇望の果てに やっと手に入れたものなら 喜びも大きく 真底大切にするだろう 吹き荒ぶ北風に 髪も服の裾も煽られて 首を竦め肩をすぼめ かじかんだ体を引きずりながら 凸凹道をトボトボと歩く日が続く...

流れ行く時の中に

時間は止まってくれない あれこれ理由をつけては先延ばししていたら 自分に都合よく言い訳を言い続けていたら 時間はアナタを置いてきぼりにして どんどん進んでいってしまう 一日があっという間に過ぎ 一週間が飛ぶように過ぎ 一カ月が気づかぬままに過ぎてしまうそして一年二年 五年後 十年後… ただいたずらに時が流れて… 後悔したくないなら 今この時に何をすべきか 考えてみよう 今は忙しいから 暇がないから 余裕なんてない...

寒空に色鮮やか

大気が澄み渡り 冷たい風が吹く そんな厳しい冬に 一層の輝きを増し 陽の光を浴びて 清冽な色を放つ花達むしろ冷気を喜ぶように咲く 背を丸めて縮かんで歩く自分が恥ずかしい襟を正して 背筋を伸ばして 冷たい大気を鼻からゆっくり吸い上げて力強い一歩を踏み出していくことにしよう 季節も世情も 今まさに冬の真っ只中 身を切るような寒気の強風が吹き荒れてくるけど厳寒なんかに負けないで 決して挫けないで 明日へと続く道を歩...

黄昏

ポケットに両手を入れたまま 胸元に目をやった男の顔に苦笑いが浮かんだ 「オレと同じで おまえもすっかりくたびれてきたな」 肌に馴染んだ シャツとネクタイ もう何年の付き合いだろう… フッと息を洩らしてから 空を見上げる 『疲れたな 人生の休暇が欲しいよ…』そんな言葉を胸にしまい込んだまま 男は踵を返し 雑踏の中に紛れ込んでいく 背中に黄昏の色を滲ませながら 明日からも休みなく 人生を歩くために… 茜色の空が いつまで...

思い出の化石

あの頃は 若い頃は あの当時はと・・・ 過ぎ去った時を振り返っては 今の不遇ばかりを嘆いて 目を閉ざしている風化する過去と 回想する度に輝きを増す過去まっしぐらに目的地に向かって走っていこうとすれば 過去はどんどん風化していき 胸の内から遠のいていく でも 内に籠って蹲っていたら心の中で膨らむのは過去の輝きだけ でも それは本当に「輝く時の結晶」なのかどうかも解らない 心が無理やり創った幻の光かもしれない 風が...

心の中の空っ風

頬を打つ風もないのに 胸の中に冷たい風が吹き抜ける 温かいもので包まれたい 温もりで満たされたい 優しい言葉を投げ掛けて欲しい 和みの波動で 癒されたいのに… 寒々とした風が胸の中を 心の中を まるで通り道のように 吹き込んで 小さく哀しい音を立てて 駆け抜けていく この胸から温かさがなくなったのは いつからだろう 思い出すことさえ出来ないほど 時が経っているのかもしれない 満たされたい 愛されたい 温かい言葉と態度...

心の声

まどろむ 陽のふき溜まり柔らかな 優しい大気に包まれた昼下がり ふと聞こえてくる カラカラと鳴る音 耳を澄ますと 胸の中から聞こえてくる 空洞を転がるような 虚しい響きが続いている 遠く近く そして次第にはっきりと聞こえてくる 気付かなければ良かったかもしれない 知らないままなら平穏な日常に 埋もれて居られた 耳を塞いでいれば何も想わず 何もせず 淡々と時をやり過ごせたのに 目を瞑っていれば 何も見えない 嫌なもの...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ