魔を切る
- 2014/04/12(Sat) -
20060616160030


魔は何処から飛んで来る?

魔を身に入れた後から 急変する人生ドラマ

不可思議な現象の連続 意味不明の 行動 解析不能の 心象

運気の波を越えた因果律の概念から乖離した超常現象

憑依・祟禍・霊障 呪い 怨嗟


魔を切る 魔を封じ込める

陰陽師・呪術師・そして占術家に救済を求めて群がる 魔に憑かれた人達

先祖の祟り・未成仏霊の訴え・水子霊 死霊・生霊さらに前世の因縁

ありとあらゆる原因追求 これが必然の理屈とばかり 魔を捜す


しかし 本当の魔は心の奥深くに忍び込み おいそれとは 姿を見せない

勝手な解釈 当て推量で 霊障祟禍として括る

手っ取り早い 自己救済の道


人は、自らの意志とは異なった理解不能の現象を見る時、
誰しもが魔の存在を想起して恐怖に陥ります。しかし怯えると同時に、
事の原因を怪奇なるものへ転嫁して、自己責任を回避してしまうのです。
自らの神経異常、錯乱、或いはただの自念障害であるのに、
問題をすり替え手みじかな自己救済へと向かうのです。

よく考えてみましょう。魔が何処から飛んで来るのか?
魔は余所から突如飛んで来てとり憑くものでは決してない。
それは自らの心象が創り出したイリュージョン(幻想世界)だったり、
抑圧された精神情況から、自我が屈折して人格が乖離して
起こる妄想認識である事が大半なのです。或いは、憑依が起きたとして、
それも自分が呼び込みとり憑かせたのであり、
憑依の受け皿を自らが持っている事を示しているのです。

「魔を切る」というのは、究極自分の内なる心の悪想念の揺らぎを断ち切る事なのです。
むしろ「我が邪念を切る」という事でしょう。

まじないの方術で霊障祟禍を解除したとして、
すぐにも安心立命の境地にならないのは、自明の理です。
心の内なる想念の歪みを正さぬかぎり、
怪奇妄想や認識異常は何度でも起こるのですから。

憑霊捌きは陰陽師の仕事ですが、心の内なる念世界を浄化して
正さぬかぎりは、陰陽師の仕事は尽きる事がないだろうと思います。
よく考えてみて下さい。


ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |