FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2012年01月 ] 記事一覧

早起きドリ

目覚めても 頭は凍りついたまま 首を捻ると ギリギリと音がしそうなほどに 暗やんだ厳寒世界に佇んでいた いつ明けるとも知れない暗黒の日を 幾つ重ねてきただろうか『早起きドリ』の声を聞いても 心は真夜中のように漆黒の闇のまま 足元を照らす灯りもない そんな月日を幾つ重ねてきただろうか… でも 心の中に出来た氷柱(つらら)が溶け始め 滴り落ちる滴(しずく)の音が ボトッ ポトッと聞こえてきたのは 『あの人』の声を聞いた...

悲しみを越えて 『哀しみの渦』から抜けて…

どんなに哀しくても 立ち止まっている事は出来ない 否応なしに時は明日へと引っ張っていく「哀しみの渦」に浸って いつまでも佇んでいる事が出来たら… うちひしがれて「哀しみの渦」の真中にいる時はそのことしか見えない 考えられない まるで時が止まっているかのように思える 心の世界が「哀しみの渦」でいっぱいになって それがすべてのように感じてしまう だけど 確実に時は進んでいる 周りの世界は動き あなたの身体を運んで...

苦境とは

苦しい情況はしばしばやって来る何をどうやっても まるで上手くいかない 自分が自分らしく見えない 自分らしい思考も行動も取れない 周囲からも疎外されている 愛されないし理解もされないし… いつの間にか相手にもされなくなっている こんな時は本当に悲しい 切ない 寂しい 侘しい 辛い そして苦しくて苦しくてたまらない運気の狭間でこんな場面に遭遇するのだが人はみな その原因を環境のせいにしたり 他者のせいにする 対座する...

『恋 そして愛』 人とどう向き合う?

信じていたのに… 愛していたのに… こんなに想っていたのに… 自分を放棄してまで尽くしたのに…恋を失って そんな想いの中に暮らしているのなら もう一度 静かな目で確かめてみよう 本当の相手をしっかり見ていたか? 真の相手の姿を知っていたのかどうか?恋は錯覚でも出来るから 白日夢のように 仮想現実の幻を見ることも出来るから だから目を覚まして欲しいあなたは相手を理解していたのだろうか 相手から理解されていたのだろう...

爽やかに春の香り

寒い大気の中にも もうそこまで来ている春 優しい陽射し 吹く風にも季節の移ろい 頬打つ冷気に 爽やかに仄かな春の香りが漂う …いつまでも厳しく寒い冬の中に閉じ込められて 哀しみと寂しさに凍えて震えて縮こまったまま過ごしていくのかと… そんな思いをするほどに ワタシの冬は 切なく辛く苦しかったのだけれど 心が変わっていくのか 移ろう季(とき)が心を変えるのか胸の奥深くから 込み上がってくる 春の芽吹き 生命の息吹き...

想いの化石

人知れず ひっそりと 葉に囲まれて咲く白い花 健気な姿が 可憐でピュアな心を思い出させる 何処かに置き忘れてきたかも知れない 純粋なものは まだ心に残っているのだろうか ふと立ち止まって 心の中を覗いた時 胸の底に沈んでいる 乳白色の塊を見つけた あれは忘れ去っていた 想いの化石 風化しているけれど まだ生命が宿っているかも知れない そっと手で拾い上げて 包み込むと 静かに開いてきて さわやかな香りを思い出させてく...

降り注ぐ陽の中で

心を開いてみよう 拘りを捨てて まっさらな気持になって 心底素直になってみたら 優しい言葉が話せるようになる 豊かな感情になって 周りの人を受け入れることが出来るようになる 尖った気持で肩を怒らせて 険しい表情をしていたら 口をつくのは厳しい言葉 突き刺すような言葉しかない 張り詰めて 凍り付いた感情しか持てなくなる キミが近寄りたい人は キミが付き合いたい人は どんな人なんだろうか? 本当は 人と関わりたい 仲良...

私は一体誰?

言葉で告げられない想い 何をどう言っても伝わらない 解って貰えない だから いつしか口を閉ざしてしまう そんな時 浴びせられる言葉に操られ いつの間にか 相手の言いなりに自分が作り替えられている "きっとこうなんだね きっとキミはこんな風に思ってるんだよね!” 自分の想いも感情も何もかも 語りかけられるままに任せていたら まるで自分じゃない自分が勝手に動きだしている "何だか違うな?”と感じても もう取り返しのつか...

幸不幸の分かれ目

幸せになりたい! 幸せを手にしたい!早く今の不幸から抜け出したい 幸せになるために日々努力して こんなにも辛い思いをしてるのに・・・ 絶対に 幸せになってやる 負けるもんか! こんな風に 誰しもが「幸せ」を求め 辛い境遇と闘って四苦八苦しているのです。 でも、ただ無闇に幸せを思い描いて求めたとしても「幸せ」を手に入れる事は難しいのです。 自分の中で幸せも不幸せもきちんと定義づけその多寡・強弱・深浅を見極め...

レモンティー

あの頃の気持は何処へ行ってしまったのだろう… 酸っぱいレモンさえ 甘酸っぱく感じたそんな胸のトキメキがあったのに… レモンティーと同じように いつの間にか溜り込んだ心の澱は 次第にトキメキを押しやり苛立たしさと憎しみの感情を呼んでしまった その味は渋くなって 苦くなって もう とても飲めないものになってしまった あの頃 あんなに会いたかったのに… 顔を見るだけで 声を聞くだけで 一日中 喜びに心が輝いていたのに… あ...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ