FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2011年05月 ] 記事一覧

初恋に胸踊る

降り注ぐ陽の光のシャワーを浴びて小躍りして 飛び跳ねるバラ一輪あたかも初恋に胸躍る少女のようにはじめての口づけに心震えて恥らうように可憐な艶っぽさを振りまいているそれぞれの花に それぞれの個性 道を歩けば いろんな花達に出会う...

恨むなかれ! 神はあなたの味方

辛い恋の終わりに 心が打ちひしがれた時何を恨むか? 人を恨むか それとも神を恨むのか?人を恨めば 心が荒んでしまう 綻んでしまうそれは顔に顕れ 姿に表れてキミの魅力をすっかり失わせてしまう神を恨んだら 次の恋も その次の恋も駄目になってしまう人を恨むより 神を恨むより 辛い恋を乗り越えて 自分の魅力に磨きをかけて新たな恋に 次の恋に向かっていこう そうしたら きっと神も味方してくれるから そう いつだって...

別れ 気付き そして…

存在の重さは 離れ行く時に突きつけられる相手を失う段になって 気づき愕然として・・・相手の心も 相手の放っている波動の強さも優しさ 温もり 溢れる慈愛も何もかも気づくこともなく 気づこうともしなかったそんな相手の豊かな個性が 否応なしに解らせられるその時に慌てふためき 狼狽するのは いまだ人の世に通じることのない者生きることの実体 愛の修羅を知らぬ者の為すこと 果たして 周章狼狽の揚句 何を思い 何を知...

ブルーな気持ち

大気が次第に強い波動を発する 生命の息吹きを放つ 自然界 そんな時に気持ちがブルーになるのは躍動へと進む 生体組織に 思考がついていけないから 蠢動する 感覚の渦に 想念のベクトルが回り切れないからそんな時には少し立ち止まり 心を覗いてみよう 焦らないで欲しい 決して慌てないで欲しい 時に置いてきぼりにされる事なんて決してないのだからブルーになるのは行動へ向かう 思考の再確認 確かな未来を開くための 自己対話熱...

神田祭

盛大な恒例行事『神田祭り』は東日本大震災による諸般の事情のため中止そんな情況は何も知らずに 日曜日五月の爽やかな風に誘われて方位取りも兼ねて『神田明神詣で』をいたしました境内に祀られた「大鯰と要石」にはビックリ今回の地震に連動しての祭祀なのか?そんな感慨深い情景でした太鼓の演奏大会もあり賑わいの境内でした地響きでうねるような強い波動に包まれてかなりのパワーを授かりましたまだ頑張れそうな気がいたしま...

季節の巡り

季節を先取りしてか 朝顔らしき風情の花 ひっそりとツツジの植え込みの隙間に たった二つの花びらが咲いていました 夏のカンカン照りの時に咲く『朝顔』とは別の種なのでしょう でも歩けば 汗ばむ陽気になって 大気がどんどん変化していく様をこの花が投影している感じですこれからしばらくは新緑の薫風が吹き 晴れ渡る空が 清々しい気持にさせてくれるでしょう そして梅雨が来てその後に華々しい夏がやって来ます燃え立つ季節 躍...

愛を感じ 愛を知った時

誰かのことが気になって 気になって 居ても立ってもいられない 何だか落ち着かない心がざわめいているでもそれも何だか心地よい誰かを愛しはじめた時 『愛の感情』が自分の心に芽生えた時これまでとは違う自分 新たな自分と出会う そんな自分に少し戸惑い 驚き やがて思考の流れが始まり 自分の中へ中へと向かっていく 自己探求が始まり あらゆる場面場面の自分の思いや感情を見詰め返すようになるいつしか自分を愛しく思えるよう...

向き合って

アナタの前に居るのは誰? ワタシの前に居るのは誰? いつの間にか ワタシがワタシでなくなって アナタがアナタでなくなった自分らしい自分を感じたいときには いつだってアナタが必要だった アナタと向き合って 一番の自分に向き合えた アナタと居る時の自分が一番好きだったしその時が何より自分らしい自分と思えてたアナタがアナタでなくなってワタシもワタシでなくなったから 取り巻く世界が消えて無くなった 向き合って写し返...

想いの化石

人知れずひっそりと 葉に囲まれて咲く花その健気な姿が可憐で ピュアな心を思い出させる何処かに置き忘れてきたかもしれない純粋なものは まだ心に残っているだろうかふと立ち止まって 心の中を覗いた時胸の底に潜んでいる乳白色の塊を見つけたあれは忘れ去っていた想いの化石だろうすっかり風化してしまったけどそれでも まだ生命が宿っているかもしれないだから… そーっと手で拾い上げて包み込むとゆっくりと静かに開いてきて爽...

悩んで悔やんで彷徨って

時代の変化に伴う必然だろうけど自らの立ち位置を失ってしまって泣いて泣いて 泣き濡れて涙涸れるまで 悲しみに打ちひしがれてでも 泣きながら思うことが時折チグハグになって慟哭の激情は長くは続かず 間歇的になる何もかもが解らなくなって自分が一体何者なのか知れなくなって誰かに聞いて 聞いて問い正しているあの人からこう言われ この人にああ言われその人からはどう言われるのかと…ただ答が欲しくて 本当の答が欲しくて彷徨...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ