FC2ブログ
鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
■■■母の愛強し
2010/02/17 Wed未分類
091130_1436~02.jpg

091130_1436~01.jpg


我が子を思う母の愛は強し
子を愛し慈しみ 庇い守り育む

そのためには どんなことでもする

子の健やかな成長を願い
我が身を削って心血を注いで愛し続ける
護るためなら邪にも鬼にもなる
鬼気せまる形相も厭わない

それが母の愛 本然の母なる者の愛

時として間違うこともあろう
思いが錯綜して方向を誤ることもあろう
護る思いが育む思いが
他者に向かって鬼となることもあろう
愛しき子に向かって鬼となることもあろう

正邪善悪清濁入り混じって
母子の葛藤反目のカルマが起こる

されど母は強し 子を思う母の愛は強し…
そう確信して胸を張る 

いつしかあたりには温かな大気が流れ
幼子のはしゃぐ声とともに『鬼子母神』が降りて来られる
邪を正し悪を止め魂魄を善化し心の濁りを清め
愚かなる念を排し賢淑の神へと昇華した鬼子母神

そのふくよかな御姿 鬼から慈母となられた太母様の微笑み…


『鬼子母神』

梵名:ハーリティー

音写して訶梨帝母(かりていも)とも言われます。

夜叉毘沙門天(クベーラ)の部下の武将「般闍迦」
(パンチカ・散支夜叉)の妻で五百人
(一説には千人又は一万人)の子の母でありながら
その性質は暴虐この上なく常に他人の子を捕らえては
食べてしまう鬼のような者で人々から恐れ憎まれていました。

そのため釈迦は、彼女が最も愛していた末子・愛奴児
(ピンカーラ嬪伽羅)を隠してしまったのです。
その時の帝母の嘆き悲しみは尋常ではありません。
そうして、子を失う苦しみを悟らせて佛教に帰依させたのです。
釈迦は「千人のうちの一子を失うも、かくの如し
いわんや人の一子を喰らうとき、その父母の嘆きやいかん」
と戒めました。

以後、鬼子母神は佛法の護法善神となり
子供と安産の守り神となりました。

インドではとりわけ、子授け・安産・子育ての神として祀られています。
日本でも密教の盛行に伴い、小児の息災や福徳を求めて
鬼子母神を本尊とする「訶梨帝母法」が行者に修せられたり
上層貴族の間では安産を願って訶梨帝母像を祀り
訶梨帝母法を修していたとされます。

その像形は天女のような姿をし、子供を一人抱き
(末子の愛奴とされる)右手には吉祥果(ザクロ)を持ちます。
まとわりつく子供らは万人の子でしょう。

又、吉祥果は人肉の味がするから…とも言われますが
これは後から付加された話です。

霊験:安産成就・子育て息災・持病治癒・恋愛成就
  ・災禍除去・法華経行者守護・事業繁栄

真言:オン ドドマリ ギャキティ ソワカ

祀られる寺院:台東区入谷・真源寺 豊島区雑司ヶ谷・法明寺
         千葉県市川市・遠寿寺

(wikipedia参照)

仏画『鬼子母神像』 松井辰子先生謹筆

スポンサーサイト



トラックバック(0)+ +コメント(0)
HOME
プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
四季の花時計
旬の花時計
Live Clock
今のレインボーブリッジ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク