FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2010年02月 ] 記事一覧

月に遊ぶ

キミが月に還ってもう二年きっと友達もできて 日がな一日遊びほうけているんだろうでも心で呼び掛けたら すぐにも跳んで来てくれるね寒い夜風にコートの襟を立て 背を丸めて歩く時何だか寂しくて人恋しくなっている時ほんの束の間にキミを想ったら柔らかいフワフワした質感の温もりが来たりタンタンタンと軽快な音が耳の奥底に響いて来たりそう キミにとっては足踏みのタンタンタンが自己表明の手段 だったねだからキミが見えない...

母の愛強し

我が子を思う母の愛は強し子を愛し慈しみ 庇い守り育むそのためには どんなことでもする子の健やかな成長を願い 我が身を削って心血を注いで愛し続ける護るためなら邪にも鬼にもなる鬼気せまる形相も厭わないそれが母の愛 本然の母なる者の愛時として間違うこともあろう思いが錯綜して方向を誤ることもあろう護る思いが育む思いが 他者に向かって鬼となることもあろう愛しき子に向かって鬼となることもあろう正邪善悪清濁入り混じ...

春のたより

春爛漫に甘酒を酌み干し ほろ酔い加減 陶然として夜が更けていく…つまみは甘菓子を所望して可愛い古(いにしえ)の花達を模した甘菓子落雁か金平糖か古の乾菓子(ひがし)の風情王朝時代の春靄に包まれた雅びの空気が漂ってきて余寒を残した春の宵に 晩酌ならぬ煎茶に乾菓子の宴もうじきやって来る雛祭りを先取りしてささやかに宴の始まり…バレンタインデ=に届いたお洒落風雅なチョコレートです愛弟子未空殿よりの飛脚便  こんな...

果てしなき虚空 天空の叡智

心が定まらない 何もかもが混沌として捉えどころがない智恵が欲しい すべてを見通す眼と真実を見極める思惟力が欲しいなす術もなく茫然として虚空を見上げる何も見つからず 何も見つけられずただどこまでも虚空が広がっている…それでいい それだからいい見つけ出す必要なんてない 何かを捕まえることもない広大無辺の大宇宙 いっさいのものが何のさまたげもなくあらゆるものが自由に存在し運動し変化機能する虚空を仰ぎ 虚心坦懐...

淡雪 薄っすらと

薄っすらとした悲しみが 淡雪のように降りかかる心のどこかで 胸の片隅で感じていたことが目の前に現れた ただそれだけなのかもしれない心が 胸が痛むわけじゃないただ体から力が抜けていくようなユラユラとした そんな浮遊感があるだけだ陽射しに照らされて 跡形もなく消えていく淡雪のようにこの感慨もいつか過去の1ページになってしまうのだろうか鉛色の空から はらはらと零れ落ちてきた淡雪は木の幹に溶けこみ 茂った...

白の想念

宵に降り始めた雪が 夜更けには雨に変わり雨だれの音が闇の中に染み込んでいく目を閉じて 心を澄ませば雨だれが 楽器のように重く軽く音を奏でている真っ白に屋根や道路を覆っていた雪が雨に溶けて 次々に黒い地肌を晒していくひとひら ひとひら そーっと優しく降りかかっていた雪も雨に変われば 冷たく肩を濡らす何もかもを覆い隠し 白に埋もれていく様は心に新たな大地 希望の新世界を創り出す心に沈殿した澱も垢も こ...

鬼は外! 福は内!

一年の無事息災 そして運気隆盛と福運を祈念して"鬼は外! 福は内!”年の数だけ大豆を頬張って…外に内に盛大に豆を投げては"鬼は外! 福は内!”を唱えますいつの時代からか 遠い昔から引き継がれた節分の儀式今の時代に どれだけの人が節分という年と年の節気の入れ替わる時の通過儀礼を行うのでしょう?果たして立春から「年改め」とすることを知っている人がどれだけいるのでしょうか?節分で暦が変わり 己丑から庚寅になる旧の...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ