2009 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 11
過去との接点
2009/10/29(Thu)
200610210950072

20061021095007


記憶の中の過去の場面 情景

脈絡も無く 時空もずれながら

とりとめなく 脳裏に浮かぶ

瞼の奥に焼き付いて

心の印画紙にプリントされた思い出世界

確かな実体を持った記憶のアルバム


その筈なのに

回想の度ごとに 色も形も変容を遂げる

心のフィルターにかける事で

思い出世界は彩りを変えていく

今の心象を投影して過去の場面は質感を異にする

どんな心で想起するのか

どんな想いで 人生の時空を噛み締めるのか


自分の想念が思い出に筆を加えたり

消しゴムで削り落として描き直したり

或いは靄をかけてぼやかしてみたり

そんな風に過去の記憶は 実は曖昧で不確かなもの

でも だからこそ 人生は自分の想念世界の中にあるのだ

想いのあり様で 過去の軌跡も創り変えてしまえるのだ

明日の絵を描き 過去の絵を描き直し

自分の人生像を創造していくのだ


生き方上手は 虚構世界と実人生の接点

過去と現在 そして未来へ向かう時空間

その接点を見事に繋げる人である

生きる事は記憶を創る事 記憶の中に自分を創る事


記憶こそが人生なのだ

『過去との接点』 復刻転載

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神社探訪 東京『江戸』の霊域 神田明神
2009/10/17(Sat)
20091015133116

20091015133108

20091015133058


江戸総鎮守 江戸東京の守護神である 『神田明神』


境内は静まり返っていますが

東京のすべてを知っている

江戸の文化の根元にある明神様

そんな江戸の賑わいが

至る所から聞こえてくるような感じです

絢爛でしかも重厚な 『気』 が立ち込めています


東京に住み何十年もの時が流れ

この度 初めての参詣です

その土地土地の鎮守守護として 『神の社(やしろ)』 は

様々な風情と趣きを醸していますが

さすがに神田明神の故事来歴は古く

しみじみと その威容に圧倒される思いです


江戸東京に鎮座して1300年の歴史を持つ由緒ある神社です。

東京の中心ー神田、日本橋、秋葉原、旧神田市場
築地魚市場など108町会の総氏神様です。

祭神  一ノ宮:大己貴命(だいこく様)  二ノ宮:少彦名命(えびす様)
     
    三ノ宮:平将門様(まさかど様)

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
聖地チベット展
2009/10/16(Fri)
20091015203656


官能的で絢爛豪華な極楽浄土の世界

神々しい輝きを保つ金銅仏像の数々

精緻を極めたマンダラ図の壁画

タンカ(掛け軸状の宗教画)に密教法具


山並み連なる高地チベット

過酷な風土に根ざしたタントラ仏教の熱き息吹き

生きる現場が厳しいものであるほど 神を仏を渇望する

荒涼とした地に立ち 風雪にさらされながら

我を見詰める 自己存在と向き合う

五体投地(四肢五体を地に投げる)を重ねて

我が身を神仏に捧げ帰依する


求道の原点 天空を駆け巡る宇宙観に溢れる

宗教土壌の原風景を垣間見る思い

この世は 生老病死の苛烈な行の世界

神界仏界の眩いばかりの極楽浄土へいざなう修行の場

バルドソドル(死出の旅の教義)にもある通り

再誕生を決して望まぬタントラの世界観

チベットの地で華開いた極彩色の異界空間


蠱惑玄妙な時空に佇み 高揚感とともに

しばし涅槃に近い虚脱を覚えるひと時でした…



『聖地チベット・ ボタラ宮と天空の至宝』

上野の森美術館 2009.9.19~2010.1.11

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シグナル
2009/10/13(Tue)
200609091158154
200609091158152
20060909115815


止まらないと危ない時がある

道路には信号機があるが

人生のシグナルを持つ事は難しい

知らずに信号無視の連続になっている私達

運気のレベルを読む事はシグナルを持つ事に繋がる

動く時 止まる時 注意して進む時

そして 自分がどれだけの加速性能があるのか?

ブレーキ機能は万全か?

前方確認 後方確認 サイドミラーもズレがないか?

安全に しかも効率の良い人生の道路走行をするために

心に確かなシグナルを持つ事が大事

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
情報変換 勝手に変えて喜んだり悲しんだり
2009/10/03(Sat)
20090929122525


人から投げかけられた言葉を

何もかも自分に都合よく取り込んで勝手な解釈をする

そして後になって 裏切られたような気持ちになる

その反対に 人から言われた事を

何もかも悪意に解釈して 落ち込み嘆き

被害妄想や人間不信になったりする


差し出された情報 与えられたメッセージに対して

知らないうちに 変換して入力してしまう事がある

手前勝手な誇大自己を持って自信過剰になっていたり

反対に自己卑下に陥り自信喪失になっていたりすると

いつの間にか 脳内にとんでもない錯誤機能

情報自動変換機能が出来上がってしまうのだ


取り返しがつかない情況になる前に

早めにチェックして そんな機能は削除したほうがいい

或いはきちんとした変換機能へとセットアップした方がいい

投げかけられた言葉を 心で反芻して

しっかり確かめてから受け止めるよう

解らなかったら 問い掛けてみたらいい

すぐに短絡的に受け止めることで

情報変換が誤作動するという事を知っておこう


そのことで 自分の人生そのものが誤作動して

間違った道を行くことになったり

行き先の見えない迷路に入り込んだりするのだから…

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恋 錯覚?
2009/10/02(Fri)
20090929121240


あの人の良さをわかっているのは自分だけ

他の人たちは色々言うけれど

誰もわかっていない 何もわかっていない

あの人を信じたい 愛したい

あの人から好かれていると思いたい

愛されていると信じたい


燃え立つ恋の炎に身を任せていると

何もかもが良く見えてしまう

周りの人が注意しても 耳をかさずに突っ走ってしまう

幸せに向かって歩いていると思っていても

落とし穴が開いているかもしれない

棘の道が待っているかもしれない


だから熱くなっている時ほど

周りの意見に身を傾けて欲しい

確かな幸せを掴むために

揺らぎない幸せを手に入れるために

幻を追いかけて 深く傷つく前に


焦ることはない 慌てることはない

アナタには 明日も明後日も

そして来年という日もあるのだから

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |