FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2009年09月 ] 記事一覧

心の迷路

地下水路が幾重にも張り巡らされ 奥には小部屋が幾つも連なっている 所々にある濁った水溜まりには 取り巻く周囲の壁や 群生した苔が映し出されている 片隅に密やかに咲く花は 開きかかっては 萎れていく 時を重ねる度に延びて絡まる迷路のような 心の絵地図を全て把握するのは 難しくて とても辛くて いつしか省みなくなる 自分のことなら 全て解っている 「私はこういう人間だから」 「僕の性格はこうだから」『ちゃんと理解し...

お帰り 家明かり

草花や木々 生け垣があって それを仄かに照らす外灯 があって・・・そんな家模様が 家庭の温もりなんだろう 家の原風景なんだろうけどすっかり様変わりしている住宅模様それでも この家並みも一家の主(あるじ)を待って ささやかに静かに明かりを灯している 家族の話し声笑い声も届いてこないけど それでも温もりの我が家に帰ってきた 夕食の美味しそうな匂いの立ち込める部屋に帰ってきた そうした安堵に浸れる家明かりの連なり ...

大いなる幸運 吉祥天

悲しいこと 辛いこと 苦しいことだらけ すっかり心が打ちひしがれて 深い闇の中 虚空を見上げながら 一条の光を捜している ・・・助けて欲しい 救って欲しい この苦境から連れ出して欲しい ・・・闇がはれることを祈って願って 縋る思いで神を待つ そんな時耳元に珠を転がすような鈴が揺れるような美しい声がする仄かな明かりが射し込んでくる…“早く気づきなされ 拝むこともいりませぬ すでに吾は衆生の中に入り 共に苦しみ 共に吉...

胸を開いて 心を開いて

心を開いて 素直な気持ちになったら 優しい言葉が話せるようになる 柔らかな感情が湧き上がってくる 尖った心で 肩を怒らせて険しい表情をしていたら 突き刺すような厳しい言葉しか出てこない 張り詰めた硬い感情しか持てなくなる アナタが近寄りたい人は 付き合いたい人は アナタが向き合い心を交わしたい人は どんな人だろう? どんな感性の人だろう? もしアナタが人恋しくなって 誰かと関わりたいと思うなら その前に 自分を鏡...

秋桜に思いを寄せて

可憐な花びらが風に揺れて 儚げな姿が郷愁を誘う 葉の間から覗く空の色が 思い出の中へと旅立たせてくれる 背丈に近いコスモスの花に 顔を寄せて微笑んだ遠いあの日 空は何処までも限り無く広がって 遥か彼方に続いていた 恋人が摘んでくれた コスモスの花を胸に挿して 肩を寄せ合っていた日 互いの瞳の中に自分を捜して見つけた途端に口付けを交わしていた暖かな陽射しに包まれて 胸の中に陽だまりが生まれていた 幼な子の小さな...

軌跡 過去が創る明日

過去を振り返り どう見つめるかは人それぞれ 過去に拘り続ける人 過去の残留思念に囚われる人 過去の自分を今に投影させ その落差に喘ぐ人 過去を振り捨て 新たな自分を創っていこうとする人 過去の自分と過去の思いと 今の自分と今の思いと 明日を創っていく自分 明日を思う自分 されど 記憶が人生そのもの 記憶の中の自分こそが かけがえのない自分自身 過去の軌跡を思い留めて そこから明日を創っていく 喜びも悲しみも 苦しみ...

闘いに勝つ 毘沙門天

勇気が欲しい 揺らぎない強い意志力が欲しい決断を迫られた時に内側から漲る自信が欲しい 勝負を前にして たじろぎを見せている 恐れおののきうろたえている しばし逡巡して辺りを見渡しながら そっと目を瞑る震える四肢を堪えながら思念を巡らしてみる"何のために戦うのか? 何に向かって闘うのか?" 果たして 守るものを明らかにして 護り抜くこと衛り通すことを固く誓った時 稲妻の閃光が走り天空の彼方から鉾(ほこ)や盾(た...

すっかり秋めいて…

空が高くなって 陽射しも優しくなって 頬をよぎる風に 仄かに秋の匂い 少し切なく 寂しげに大気が変化していく 葉陰や草むらで虫達の 恋を囁く声がして 何だかしんみりして 感傷が身を包み込んでいく いつしか とりとめなく次々に心が回想をはじめていく 心の印画紙に映し出されたものは その時の現実とは違っていて うすボンヤリ淡くぼやけていたり 或いは清冽に透き通っていたり その時何でもなかった事が強い色合いで浮かんでき...

そっと耳を傾けて・流れる時の調べ

そっと耳を傾けてみよう時の流れ行く音が 聞こえてくる 悲しく響く音 軽やかに楽しく響く音 時に強く 時に弱く優しく時に速く 時に緩やかに 抱く思いに寄せて いろんな音を奏でる 心が波立てば 荒海の起こす潮騒の響き 苛立ちや 怒りに襲われる時には 落雷の響き傷付き悲しみにうちひしがれる時には雨垂れの地を打つ響き 安らぐ心には そっと静かに鈴の音の流麗な響き そして...

光に心包まれて・『月天』

窓から差し込んでくる優しい光 いつまでも佇んでいたくなる 部屋の明かりも消して 静寂の時空がはじまる仄かでそれでいて清冽な月光を浴びて 緩やかな時の流れに身を任せて 思うがままに 想念のおもむくままにただ月の光に包まれている しんみりと過ぎ去った時を反芻して感傷に浸ってみたり これからはじまる新たな明日に思いを馳せてみたり そんな時 『月天様』 が寄り添ってくれている 悲しみも苦しみも そっと和らげて下さ...

交わす言葉

言葉を投げるのも 受け取るのも その時の 心の有り様次第 言われて傷ついたり 落ち込んだり 不協和音となる言葉と感じても 投げた側には 何の悪意もなかったり 相手を懲らしめようと 攻撃的な言葉を出しても 「有り難う よく言ってくれた」 「本当に思ってくれているのね」 そんな感謝の言葉が返ってきたり 言葉のキャッチボールに 善も悪もない事が多い 心が元気で 明るければ プラスに感じ取れる言葉も 心が疲れ 苛立っていたら ...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ