FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2009年06月 ] 記事一覧

孔雀明王

心が疲弊して思考が澱みはじめている自分が何者なのかも解らなくなっているいつの間にか意識も混濁して何もかもが混沌として捉えどころがない 知らず知らずのうちにいろんな場面でいろんな毒を取り込んでいるのだろう 妬み嫉み(ねたみそねみ)恨み辛みの感情を持ったり投げかけてしまったり逆に四方八方から飛礫(つぶて)のように悪想念や悪感情をぶつけられたりそんな風に自他が作り出す邪(よこしま)な想いが心に胸に滞留して...

茅の輪神事 大祓人形

夏を迎える季節の交替期 年の真ん中にこれまでの心の垢も 想念の歪みも 苦労の種も何もかもを禊(みそ)ぎ浄化する事で残りの時空を実りあるものにするそれが茅の輪神事に 大祓人形の神事です 心に身体にこびり付くものが 日々の行い 日々の営みを動かしていく 運の強弱深浅や 願望達成の可否も 知らず知らず取り憑き こびり付くものが操っていく 茅の輪を正しくくぐれば垢や穢(けがれ)が剥離するといいますそして氏名年齢(数え...

願望達成のためには

人は誰もが 願い望むから 明日を考える事が出来る 今日とは違う自分を創っていく 少しでも 進む未来を模索して新たな自分 昨日とは違う自分を  そう思いながら いつも堂々巡り 願い望む それなのに・・・ ただひたすら ただ闇雲に でも願い望みが 叶うのは 叶う道標を持っているから ただ闇雲に 心に描いても それはただの 絵空事 夢の また夢  仮想空間の幻覚なんだ何がしたい どうなりたい  何が欲しい どう手に入れたい 願...

人生の梅雨

雨に打たれて 濡れそぼって首を傾げ うなだれていても 雨が上がれば 艶やかな葉になり花になり 生き返ったようにみえる草花や樹木 梅雨は四季の天気運行だけじゃなく 人生の季節として訪れ巡ってくる 胸が塞がれる思いで 俯きながら歩くことしか出来ない 家に閉じこもり 膝を抱えて嘆くことしか出来ない時もある でも今はそうでも いつか陽が頭上に輝きアナタを照らす日が必ずやって来るその時には 光に包まれた全身からオーラを放...

身動き出来ない時

どう足掻いても なす術がないそんな今は耐える時動けない時は 動かない必然がある 動かない事で 見えて来る 事がある動かないで 知る事がある 動く その時のために 確かめるのだ揺らぎない自分と 挫けない自分と確かな未来指標を 思考と行動の基本軸を創るため 焦らないで 慌てないで 恐れる事もしないでじっと じっと時を待って しっかり自分を見つめて大地を踏みしめる自分を心に描いてみよう必ず道は開ける 確かな未来へ続く...

聖観音

訳もなく悲しくなったり寂しくなったり不確かな自分に揺らぐ心きのうが解らず きょうが見えず あしたが知れない 自分が何処に居て 何処に行こうとしているのか… 実存への恐れに取り憑かれて煩悶するそんな時には心を静めて そっと内観してみよう 観自在 あるがまま 心の内を観てみよう いつしか天上から聖観世音菩薩が降臨する 私達をいつだって見守って居られる観音様が降りて下さる 何も語らず 何も問わず ただ微笑みかけて 安...

心を鎮める

瞑想 静かに心を内観する 雑念が走っても そのままに 思うに任せて そんな 時の過ごし方をしてみよう 好みのインセンス(香)など焚いて しばし 心をゆったりと開放してみよう どんな思いが出てくるか どんな気持ちが湧き上がってくるか? 心の底から安らぐ空間となるのか それとも得体の知れない不安となるのか? 立ち止まる事 時を少し留める事で見えてくる自分 感じ始める自分 そこから 明日への 活路が見えてくる もし見えない時...

家庭菜園

庭が無くても土が無くても野菜を育てることが出来る鉢植えでいろんなものを育てる時代になりましたスズなりの実はプチトマト 赤い実はどんどん食べていく そうしないと新しい実がならないのだそうですでも何だか愛しくて赤い実をもぎ取る気になれません そんな風に思っていたら二三日前に食べた野菜サラダにプチトマトが入っていたのを思い出し 家族に確かめると やはり鉢植えのトマトの実 これが実に美味しかったのです 次はナス...

雨の宴

降りしきる雨に 紫陽花の葉が歓んでいる 門灯に照らされて葉脈が唄い踊る様が 鬱陶しい梅雨を彩り 楽しいものにしている しばらくは雨また雨の日々だけど自然の営み すべては天の運行のドラマ すっかり濡れそぼって黙々と進む家路に明るい門灯の華やぎに触れ 疲れも忘れて和やかな気持ちになって門を開ける我が家マンションにて...

交わす言葉

言われた言葉 投げかけられた言葉に怒り "頭に来た!" と叫ぶ前に振り返って欲しいその前に キミが何を言ったか? 何を突きつけたか? どういう態度をとったか? もしかしたら キミがその言葉を引き出したのかもしれないから 返されたものは キミの放った波動の投影 売り言葉に買い言葉 人はキミの合わせ鏡 …自分は何を言ってもいい どういう態度をしてもいい だけど相手のは絶対に許さない!… そんな自分勝手は 誰も認めてくれな...

雨の彩り

いよいよ梅雨到来 鬱陶しい大気に 精一杯華やぎ賑わう 降り注ぐ雨を彩る紫陽花達 地面を打ち 跳ね上がる雨が楽しそうに軽快なリズムを刻んでいる 傘の中にはそよ風が通り過ぎていく ふんだんに豊かな水の恵みを受けて滴を垂らしながら満面に笑みを湛える花達きっときっと いい夏になるだろう...

水面に月映り 『水月観音』

痛み傷ついた心を そーっと包み込む 悲しみ苦しみに打ちひしがれる時 心から願って 胸の奥底から祈って縋(すが)ってみたら優しい月の光を冠して水面に映して ふくよかで慈愛溢れる『水月観音』 が厳かに降臨する 白衣(びゃくえ)を纏い 救いを求める者達の心を魂を包んで下さる御姿(みすがた)すべてが柔らかな包帯のよう 祈るも願うもすがりつくのも 許して下さる 人の愚かさ脆さ浅ましさも人の世の儚さも何もかも見通して ...

開けてはいけないパンドラの箱

気付かなければよかった 見なければよかった テーブルに置いてあった あの人のケータイ 手にして開いて つい見てしまった日から 心は波立ち 感情は逆立ち 荒れ始めてしまった ケータイのメモリにあった名前 名前 名前 何人もの女との謎めいたメールや電話のやりとり 見なければよかった 見てはいけなかったのかもしれない でも もう無にすることは出来ない 気になって 辛くて悲しくて苦しくて つい 隙を見てはケータイを覗いてしま...

花が咲く…

我が家のサンセベリアに花が咲きました でも これは果たして花と言うべきものでしょうか? ご存知の方は是非コメント下さい お願いいたしますはてさて これからどうなっていくものやら どうしてあげたらいいものやらかなり強い香りがしています今まで長いこと サンセベリアと付き合ってきましたが こんな姿はまるで初めて 十日前あたりに気づいたのですが日々目覚ましい成長を遂げているのです 何だか嬉しいような 何だか怖いよ...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ