FC2ブログ

美老庵日記~鎌田康秀相談室『美老庵』

鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い 癒しの隠れ家 四柱推命・断易・気学・風水・手相・他

Archive [2008年03月 ] 記事一覧

桜祭り

辺りは桜一色 盛大な花祭り 桜祭り 陽の光が陰って花曇りになって 味わい深い風情となっている長い長い歳月を生き抜いて この季節の この数日の花景色を見せるために 春爛漫 花繚乱の香華を楽しませるために 生き続ける『ソメイヨシノ達』 そして点在する「枝垂れ桜達」 近寄って幹を枝を根を見れば いずれも もはや 若木を観る事がない 幾星霜 苛烈な時空の流れを樹皮に印している心無い見物客が彎曲した幹に腰を掛け揺らしている...

『耐えられない存在の重さ』

きのうまで胸トキメかせていたのに 今朝だって いそいそと支度していたのに 顔を見た途端 何も言えなくなっていた 甘えたくて 構われたくて 愛されたくて話したいことも沢山あって 聞きたいことも山程あって その胸に飛び込んで行きたかったのに… その人の前に出たら 足も竦んで 動けなくなって 何も言えなくなって ただ じっと目を見詰めていた やっと会えた 何か月ぶりだろう こうして会えるなんて 揺れる想いを抱えて いつの間...

龍が棲む

内圧が高まって 沸々と体中を駆け巡るものがある その実体が何なのか? その正体が何なのか? いつかは弾けるだろう いつの日にか気付く時が来るだろう… そう思いながら 安穏に暮らして来たのだけれど…密やかに だが確かな生命の鼓動があって ついにそれが次第にはっきりとした響きとなって 四肢を走る 目まぐるしく走り抜けて行く 何かを促すように 血流に乗って五体を駆け巡る 身体の奥底に蠢く『龍』が居る 今 立ち上がり 天空...

日曜日はお墓参り

「お彼岸の明け」にお墓参り 空も晴れ渡り 大賑わいの公園墓地 見渡してみれば あっちもこっちも掃き清められた墓地にお花が活けられ 盛大な墓参祭になっています 飲み物や食べ物(軽食)の仮設店舗もありまるで縁日のような佇まいとなっていましたいつもは「黄泉の国」に居られる御先祖方も一斉にお出ましになって今日ばかりは『墓』という面会の場で ささやかな宴が方々でひろげられていました暗々裏に 言葉にならない言葉で語り合...

月ウサギ

まーるい まーるいお月さまのような心になって 何があったって 決して慌てない ゆったり ゆっくり ゆとりをもって ゆらーり ゆらゆら ゆれながら 転がるなら転がるままに ぐるり転がって元に戻ればいい 元が何処だか解らなかったら そのままに居ればいい ほのぼのと円い心になっていればどんな時もどんな場面も 不安もなく淡々と過ごせるのに 人はどうにもならない事にクヨクヨしたり どうにも出来ないことにジタバタしたり もう...

不思議な忘れ物

置き去りにされた哀しみ… そんなものを 振り捨てて 毅然と持ち主を待つ 何の不安もない 必ずどんな事をしても持ち主が帰ってくる !こんな美しく優雅な私を捨てるはずがない !? 何かの間違いなんだ 手違いなんだ !すぐにも気付いて連れ戻しにくる !でも一体何故?どんな経緯(いきさつ)で こんな情景に… 忘れた人の心が何処かへ行ってしまったのか? 或いは 急に身に付けているのが疎ましくなって 木の柵に下げて うち捨てたのか? ...

賑わう花達

鮮やかに花達の賑わい花の中から春の足音が大きく聞こえてくる あちこちから芽吹きの声が伝わってくる 生命の鼓動が生き生きと響いている 青空に染まるように小鳥達が飛び交い草地は一面の花畑になっていく あなたの胸に春が芽生えた時 それは華やぐ未来への確かな第一歩となる いつまでも縮かんでいないで差し込む陽射しに向かって そよぐ春風に向かって 胸を開いて 大きく息を吸って 季節の息吹きを取り込もう...

ご案内

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

四季の花時計

旬の花時計

Live Clock

今のレインボーブリッジ