光の矢

20070131130119


建物越しに光の矢が飛んでくる

空の色も暗やむほどの光を浴びて

胸の奥底に滞留していた負の想念が

カラカラと音を立てて砕けはじめる

とても気持ちのいい 崩壊感覚

脆い自我を取り囲み 防禦しているつもりの

暗やんだ想念体が瓦解する

光は一瞬に闇を払う

そして新たな明日の道程が見えてくる

新たな人生地図が描き出されていく

未来へ向かう風が吹き

生命を運ぶ船は帆を揚げる

船首を真っ直ぐ 東に向けて

緩やかに滑り出した船は

次第にスピードを上げて

明日への 未来への航路を辿っていく

スポンサーサイト

深夜の雑踏・光と影

20070127124930


消えることのない灯り

眠ることを忘れた人と街

疲れを身に纏い 孤独を胸に抱いて

行き交う人の波

光の中に 影絵のように浮かび上がる

心を何処かに置き忘れてきた人々

夜が明けるまで彷徨い続けて

朝日の中に 生気を失った顔を晒すまで

その足は止まらないのだろう

まるで何かに動かされているように

『深夜』という名の舞台の上に立ち

魂魄の抜けた影達が

ただ闇雲に今夜も演じ続けている

ホームにて

20070113101501


行き交う電車の放つ喧騒

その音が大きいほど 心に静寂を呼ぶ

夜更けのホームに佇んでいる人々

帰路につく顔には疲れと安堵の色が滲む

明りのつかない部屋に帰る顔には寂寥の色が宿る

すっかり酩酊して地面に蹲る顔にはくすんだ赤色が散る

肩を寄せ合い恋情に心膨らむ顔達には桃花の色が差す

様々な想いが交錯しながら 色が混り合う

そしてどんどん夜が深まっていき

蛍光灯の冷たい光がいつしか宿る色達を消し

たちまち無機質な情景にしてしまう

なんだか 心も寒くなって

吹く風に コートの襟を立て

電車の到着を待ちわびる

今日という一日の時空が動き

明日に連結する ターミナルへと

向かう列車を待っている・・・



明大前駅 ホームにて

正月疲れ

20070111103056


鬼太郎も 酒酔いなのか

喉が渇いて 「おーい お茶」

正月疲れが出ている感じ

陽の光も眩しそうに

ボーっと 佇んでいる

日常に回帰して 忙しい情況になって

疲れが出て 体調を崩したり 風邪引きの人も数多い

皆々様 御自愛下さい

実は すっかり風邪模様の私です

春風を連れて

20070109100329


久々の 懐かしいお客様

春風を連れてお見えになる

可愛い花のお土産を携えて


コップに咲く小さな白い花達が

部屋中に春の香りを振りまいている

何か 新しい気配を醸す花達

明日の陽の光を呼び込む 生命の息吹き

元気をくれて 有り難う


新しい仲間

20070108100138


『ブラックキャットが目の前を横切るとラッキーサイン』

西洋の言い伝えだぜ!

日本じゃ 化け猫を連想して 嫌われ者だけどな・・・

俺っちはHappyを運ぶ黒猫だぜー!

よろぴくな!

なめんなよ!



相談室にやって来た新しい仲間

実はテープカッターです

悪運を切る! なんちゃって


猪の勢い

20070106095300


猪は 基本は憶病で猛進はしない

小回りも利く生き物で 行動も慎重

猪突は 緊急避難の慌てる様をいう

さて 年男の私は慌てる事なく

用意周到に事を図って行きたいもの

そして勢いだけは 猪突で猛進したいもの

しっかり小回りも利かして・・・



元気に走り回る ウリ坊達 うまく撮れません

調布パルコ前 イベント広場にて

プロフィール

鎌田康秀

  • Author:鎌田康秀

  • ランキングにご協力お願いします。
    人気blogランキングへ

    鎌田康秀相談室


    吉祥寺で生まれる。幼少の頃、神戸で過ごす。
    学生時代は演劇青年(不条理系の芝居}。今でも芝居好きで、観劇が趣味{ジャンルは問わず)。占術家以外では一時期、クラフトデザインの仕事に就いた事がある。少し絵心もあり。犬、猫、ウサギが大好き。でも一番好きなのが、やはり人間。思いを共有できた瞬間が最高。語り合う中で未来ビジョンが出来た時が最高。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
四季の花時計
旬の花時計
Live Clock
今のレインボーブリッジ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク