1901 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 1902 01
夜の峠を越えて
1901/12/14(Sat)
20080925111444


明日になったら

朝 目が覚めたら

心が軽くなっているかもしれない

小鳥の鳴き声に うれしい予感がするかもしれない

眩しいほどの陽射しの中に

幸運の使者が立っているかもしれない

そーっと手招きをして 光溢れる世界に

誘(いざな)ってくれるかもしれない…


そう思って そう言い聞かせて ベッドに入って

眠れない 苦しい夜を越えているのに

目覚めても 朝陽の中に立っても

ちっとも心は軽くならないし

幸せの近付く予感もしない

寝返りを打っているうちに

通り過ぎてしまったのかもしれない

そう思って 一晩中起きていたら

すっかり闇に閉じ込められてしまった…


それでもなお それだからなお

明日になったら 朝 目覚めたら

ワタシは陽の衣を纏い

空に向かって微笑んでいるかもしれない

それだけを願い続けて 夜の峠を越えていく…

ブログランキング

ご協力お願い致します。




***** 癒しの隠れ家 鎌田康秀相談室『美老庵』*****


ホームページ
は こちらです


   東京目黒区 東横線祐天寺駅徒歩1分
   鑑定歴40年 面接鑑定専門 本格占い

   四柱推命・断易・気学・風水・手相・他
   
   TEL:03-3711-1986

   人生、仕事、経営、家族、愛情、進路・・・
   お問い合わせはお気軽に


*********************************************

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |